秋の演奏会(その1)終了

この秋1回目の演奏会を終えた(10/28)。今回は頼まれ仕事(?)で、「熊本震災復興支援」のバロックコンサート。歌、合唱、オケと多彩なプログラムだったが、私の出番は下記の曲のみ(すべて2nd)。
○ヘンデル:王宮の花火の音楽
○フォーレ:レクイエム
○ヘンデル:「メサイア」より「ハレルヤコーラス」
フォーレ:レクイエムは第3稿(ファゴットあり)で、第1、4、5曲のみで吹くところはほとんどないし目立たない。「王宮の花火」も「ブーレ」などで装飾を加えれば面白いと思うのだが、すべて楽譜通りの演奏(ただし、一回目は木管・ホルン、弦のみなど一応工夫はしていた)。また、「平和」でファゴット/チェロ・バスの楽譜が間違っていたのだが、私が質問/指摘するまで気付かれず、練習ではそのまま弾かれていたようだった。

会場は東京カテドラル。雨の中、お客様も300人くらい来ていただいたようだ。
これまで、何回か聴いたことはあったが演奏するのは初めて。とにかく天井が高く容積が大きいせいか、残響の長さは半端でない(7秒との説もある)。オルガンと合唱の編成くらいだと響きは心地よく、違和感は感じないが、ブランデンブルクで管楽器などのソロが入ったりすると、音は混濁し何が何だか分からなくなる・・・。
あと、急に寒くなったせいか教会内部でも温度が低く、上着を着ていても寒いほどだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック