レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

来年夏の公演を控え、予習の意味で実際の舞台を観た。
https://kouen.beautifuldays.jp/kouen/detail/1548
「道化師」の舞台を観るのは今回が初めて。が、最近勉強し始めたということもあり、すんなりと頭に入ってきた。やはり(当たり前だが)、CDやDVDで聴くのとは違い、実際の歌い手の方々の声というのはすごい迫力がある。小さいホールだったこともあり舞台も近く、聴き応え/見応えはあった。
そして、ピアノ伴奏によるオペラ公演というのは初めて観たのだが、オケのような色彩感がないため単調な響きになってしまうのは仕方ないが、音楽の骨格は明らかになるというメリットは感じられた。
「道化師」というオペラは、ストーリーはわかりやすく時間も短いので人気も高いようではあるが、音楽面では決して単純なものではなく、むしろ難解なのではとあらためて思う。
それにしても、概要は頭に入っているとはいえ、字幕が表示されるのはやはりありがたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック