ウィーン国立歌劇場管弦楽団/1番フルートオーディション

ウィーン国立歌劇場管弦楽団の1番フルートオーディション(ディーター・フルーリー後任)が行われ、Silvia Careddu が合格したとのこと。
https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/a.328259830585166.74975.320213934723089/1122031327874675/?type=3&theater
http://www.silviacareddu.net/biography
シルヴィア・カレッドゥは1977年、カリアリ(イタリア、サルデーニャ島南部)生まれ、ローマ、パリなどで学び、
2001年ジュネーヴ国際音楽コンクール第1位ほか多くのコンクールに入賞。2004~2012年ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団首席、併せて2011年からポツダム室内管弦楽団の首席、2015年からウィーン交響楽団首席。
http://www.wienersymphoniker.at/musiker-und-management
2011年からハンス・アイスラー音大ベルリンでも教えている。
パユ、ピノックとの録音もある。
http://www.warnerclassics.com/release/553810,5099921744327/pahud-emmanuel-bach-complete-flute-sonatas

ということで、エマニュエル・パユ(1970~)、ヴァルター・アウアー(1971~)、ヘンリク・ヴィーゼ(1971~)、マチュー・デュフォー (1972~)、カール=ハインツ・シュッツ(1975~)などよりも若い世代(高木綾子さんと同い年)として、これからの活躍を大いに期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ウィーン国立歌劇場管弦楽団 団員異動状況

    Excerpt: ウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバー表が更新されている。 http://www.wiener-staatsoper.at/ensemble-gaeste/orchester/ 定年で退団された方々.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2017-09-07 20:41
  • WPhニューイヤーコンサート2019/ティーレマン

    Excerpt: 今年のニューイヤーは初登場のティーレマン。とはいえ、もう貫禄十分で、あまり強引さも見られず余裕綽綽の指揮ぶりだった。ステージ周辺の花々は比較的地味なものだったがなかなか美しかった。曲目も「ジプシー男爵.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-01-01 23:43