この一年間(2015/7~2016/6)に購入したCD

2015年6月以降の続きをまだ作成していなかったのでその後のリストを作成した。
http://zauberfloete.at.webry.info/201507/article_1.html
新譜/新録は以前よりは多少増えている感じはするものの、相変わらず購入意欲をそそられるものは少ない。
結局、モーツァルト、ハイドン、バッハなどに限られていて、鑑賞用と勉強用の二つに大別される。が、YouTubeなどでこれだけ簡単に曲を聴けるようになると、CDの需要が今後ますます減って行くであろうことは間違いないのだろう。

●ロッシーニ:序曲集/シャイー=ミラノ・スカラ座O(DECCA/1995)
以前、ナショナル・フィルとの録音もあったが、これは新校訂版による新しい録音。珍しい曲も含まれている。

●ハイドン:交響曲第31・70・101番/ティチアーティ=スコットランドCO(LINN/2015)
録音は優れているが、ピリオド楽器による激しい演奏は好みが分かれそう。

●モーツァルト:ホルン協奏曲集/Hr:バボラク/小澤=水戸室内O(SONY/2005・2009)
http://zauberfloete.at.webry.info/201509/article_1.html

●イタリア歌曲集/波多野睦美/西山まりえ他(ソネット/2015)
波多野ファンとして購入した一枚。バロック楽器による伴奏は心地よい響きとなっている。

●WPhニューイヤーコンサート/ザ・コンプリート・ワークス(SONY/1941~2015)
http://zauberfloete.at.webry.info/201508/article_12.html
購入してから一年近くが経とうとしているが、23枚組のこのセット、実はまだ全部聴き終わっていない。

●オッフェンバック:序曲集/ネーメ・ヤルヴィ=スイスロマンドO(CHANDOS/2015)
http://zauberfloete.at.webry.info/201511/article_7.html

●チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調/Vn:パトリツィア・コパチンスカヤ/クルレンツィス=ムジカエテルナ(SONY/2014)
http://zauberfloete.at.webry.info/201601/article_7.html

●ハイドン:オラトリオ「天地創造」/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1966)
来年春の公演で採り上げるということだったのであわてて購入したが、その後曲目変更となってしまった。

●ハイドン:交響曲第78・79・80・81番/ダントーネ=アカデミア・ビザンティーナ(DECCA/2015)
興味深い曲が集められているが、演奏そのものはややインパクトに欠ける。

●バッハ:ヴァイオリンのための無伴奏ソナタ&パルティータ/イザベル・ファウスト(harmonia mundi/2009・2011)
特別価格だったため思わず購入。演奏は優れていると思うがまだ十分聴き込んでいない。

●ドヴォルザーク:交響曲第7・8番/ケルテス=ロンドンSO(DECCA/1963・1964)
第7番をこの秋に演奏するため勉強用に購入したもの。

●序曲集/シュテフェンス=バンベルク交響楽団(TUDOR/2014・2015)
http://zauberfloete.at.webry.info/201604/article_18.html

●モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2・5番、協奏交響曲/ツィンマーマン/スルク=バイエルン放送室内管弦楽団(haenssler/2015)
期待に違わぬ名演だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハイドン:「天地創造」~その2/カラヤン=ベルリン・フィル~

    Excerpt: 本番近くなったので、懸案だった日本語訳の一部をパート譜に書き込む作業を行った。オペラの場合はもちろん、歌詞は器楽演奏の重要な指針になるため、その内容を知ることは必須。大体は知ってはいたが、やはりフレー.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-03-07 17:58