ウィーン国立歌劇場/1番フルート奏者募集中

ウィーン国立歌劇場で1番フルート奏者を募集している。
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/aktuelles/1._Floete.de.php
プローベは9月に行われるとのこと。なお、毎度のことながら(?)女性に対する配慮も付け加えられている。

現首席ディーター・フルーリー(1952~)も近く定年退職するのだろう。
ベルリン・フィル首席もデュフォーが収まってしまったので、
http://zauberfloete.at.webry.info/201508/article_11.html
超一流オケの首席フルートの席は、ソリスト転出など定年前に退団する人が出ない限り、もう当分募集はないと思われるため、上への移籍を考えている人などが殺到することが考えられる。最近はウィーンでも本当に実力主義のようなので、国籍/出自を問わず採用される可能性も以前よりは高くなっていると言えるだろう。

あとはフィラデルフィア管弦楽団のピッコロ奏者募集があるくらい。
https://www.philorch.org/music-auditions#/
なお、読売日響の1番フルートオーディションは終了したようだが(誰に決まったのか)、現在京都市響でも1番フルートを募集している。
http://www.kyoto-symphony.jp/audition/pdf/kso_audition_principal_flute_2016.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック