最近読んだ本 2016/5

●「(改訂版)音楽の文章セミナー」久保田慶一著(音楽之友社/2016.4)
音楽ブログ、曲目解説、ライナー・ノート、演奏批評、作品分析、学位論文など音楽について文章で記述するときに必要な心構え、知識、情報源などをわかりやすく解説、ということではあったが、どちらかというと論文作成にその重点を置いているようで、私のようなアマチュア・ブログ書きには高度な内容ではあった。

●「この一瞬に価値がある」フランツ・バルトロメイ著/坂本明美訳、坂本謙太郎監訳(音楽之友社/2016.4)
http://zauberfloete.at.webry.info/201605/article_8.html

●「「失われた名画」の展覧会」池上英洋著(大和書房/2016.4)
天災、戦争、人為的な破壊、盗難などによって失われた数々の作品の紹介。豊富なカラー図版も多く、改めてその損失の大きさに驚く。楽曲の場合、筆写譜でも残って入ればその作品は存続できるが、絵画や彫刻などの場合、コピーという訳にはいかない。

●「数と音楽~美しさの源への旅~」坂口博樹著/桜井進数学監修(大月書店/2016.4)
音楽の音たちは数なのではないか? という疑問から、音楽を成り立たせている数について焦点を当てている。
リズム、音符、音階、音律、倍音など、確かに、これらは数と切り離せないということが納得させられる。

●「ルノワールへの招待」工藤弘二監修(朝日新聞出版/2016.4)
年代別の主要作品一覧に加え、「パーフェクト鑑賞講座」として「ムーラン・ド・ギャレットの舞踏会」、「シャルパンティエ夫人と子どもたち」など6点の詳細な解説、中でも原寸大(部分)の写真は興味深かった。

●「トラベルMOOK 東京メトロの世界」(交通新聞社/2016.4)
路線別の車両解説、各駅の紹介など、豊富な図版と解説はなかなか読みやすく、資料編はかなり充実している。

●「暗幕のゲルニカ」原田マハ著(新潮社/2016.3)
「楽園のカンヴァス」以来の、と言うよりそれ以上の傑作だと思う。感動的な作品だった。多くの人に読んで欲しい。
http://zauberfloete.at.webry.info/201210/article_7.html

●「究極の読譜術~こころに響く演奏のために~」小畑郁男・佐野仁美著(ハンナ/2016.3)
http://zauberfloete.at.webry.info/201605/article_11.html

●「ワンダフル・ワールド」村山由佳著(新潮社/2016.3)
久々(?)の村山由佳短編集。独立した5篇が収められている。いくつか私好みの作品もあった。

●「金田一秀穂の 心地よい日本語」金田一秀穂著(KADOKAWA/2016.3)
金田一先生のエッセイ風日本語学。共感できる分析が数多く面白かった。ひじょうに読みやすい。

●「朝練 管楽器の呼吸法」藤井完著(全音楽譜出版社/2016.3)
「呼吸法・喉とアンブシュアの関連性」という副題がついている。声楽における「ベルカント」発声時の筋肉バランスは管楽器においてもまったく同じである、という考え方にたち、「オープンスロート」の重要性などが解説されている。しかし、文章と骨格/筋肉の図だけでそれを理解するのはなかなか難しい。

●「芸術の授業~BEHIND CREATIVITY~」中村寛編(弘文堂/2016.2)
編者の専門は文化人類学、多摩美術大学准教授。多摩美大などで教えるアーティスト、画家、映画監督、詩人、演出家、写真家、美術史研究科などが執筆した、芸術の「反・教科書」であり、「芸術(つくり手・表現者)のフィールドワーク」として構成されている。芸術を志す人、クリエイティブな仕事に携わる人だけではなく、普通の人にとってもいろいろな意味でのヒントが多く含まれている。ひじょうに読み応えのある一冊だった。

●「幹事のアッコちゃん」柚木麻子著(双葉社/2016.2)
アッコちゃんシリーズ3作目。「さくっと読めて元気をもらえるビタミン小説」ということだが、確かに読みやすく、ただ面白おかしいだけではない内容にはいつもながら感心させられる。

●「そうだったのか、乗りかえ駅~複雑性と利便性の謎を探る~」西森聡著(交通新聞社/2016.2)
「乗りかえ」駅に焦点を当て、乗り入れ/乗り継ぎ、駅の構造/立地、新規開業/統廃合などさまざまな視点からその疑問、謎に迫る内容。対象が全国に渡るので関東以外はあまり実感はわかなかったが面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最近読んだ本 2017/04

    Excerpt: ●「僕は奇跡なんかじゃなかった~ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像~」カール・レーブル著/関根裕子訳(音楽之友社/2017.4) まず、本書のタイトルにやや違和感を覚えたが、原題は、"Ic.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2017-05-01 20:48