第九演奏会終了

今年最後の演奏会を終えた(12/6)。夏に「魔笛」を演奏した区民オペラ主催の東日本震災復興支援演奏会。南相馬市職員の方による南相馬復興の現状のお話しと市長メッセージなどに続いて、第九を演奏した。合唱は約150名。
私にとって5回目の第九。ベーレンライター版の1stは初めての経験ではあったが、ソロの箇所始め崩れもほとんどなく無事に終了することができた。
コントラ担当の方(プロ奏者)に1アシを吹いていただき、特に第三楽章はずいぶん交替してもらったにもかかわらず、キツかったのは相変わらず・・・。第四楽章116小節からのソロは慣用版と違い、その前から2ndファゴットが入るので、一人で吹く時とはプレッシャーが大きく異なる(少ない)ことを実感した。さらに今回はステージが狭く、私の真後ろに声楽ソリストの方々が並んだため、その声量というか音圧に圧倒された。客席ではどのようなバランスで聴こえているのかわからないが、例えば271小節からのフルートとファゴットによる動きなどはダブって吹いても聴こえないのではないかと思うほど。
久しぶりに第九を演奏したが、やはり名曲であるということと、年の瀬には相応しい曲であるということをあらためて感じる。今後また演奏する機会があるのか、あるいはこれが私にとって最後の第九だったのかはわからないが、いずれにしてもこれからずっと聴き続けていくことにはなるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック