バッハ:カンタータ第12番のオーボエ

バッハのカンタータには、素晴らしいオーボエのオブリガートが付いているアリアが多くある。ちょっと思いつくだけでも、
○カンタータ第56番/第3曲バス
○カンタータ第93番/第6曲ソプラノ
○カンタータ第140番/第6曲ソプラノ&バス
などなど。茂木大輔氏もおっしゃっている通り、バッハのカンタータというのはオーボエ吹きにとって「宝の山」だと思う。

さて、来月演奏することになっている、
○カンタータ第12番「泣くこと、嘆くこと、案ずること、怯えること」/"Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen", BWV12
の第1曲シンフォニアでは最初から最後までオーボエがソロを吹く。
https://www.youtube.com/watch?v=4wwMcy4_Iwg
このアダージョ・アッサイの曲、16小節しかないのだが、楽譜はすごいことになっている・・・。
http://petrucci.mus.auth.gr/imglnks/usimg/a/a4/IMSLP00737-BWV0012.pdf
そして、このカンタータの第4曲アルトのアリアでもオーボエのソロ/オブリガートが延々と続く。

実はこの第12番、ファゴットのパート譜では第1、2、3、7曲のみしか出番がないため油断していたところ、前回の練習時にこの第4曲にファゴットも参加するようにという指示が。オーボエ・パートは超難しいのだが、コンティヌオは楽譜的にさほど難しくはない。が、ゆっくりしたテンポの38小節中、八分休符が9個、最後に四分休符が1個あるのみでずっと吹き通しのため死にそうになる。そしてやっと最後まで行きついたと思ったら、ダカーポしてもう一度23小節と一拍を吹くことになる。第155番のように技術的に難しい曲も困るが、このような体力勝負の曲もどうなるか分からないので不安ではある。何しろまだ一回も通してやったことがないので・・・。

すっかり話が逸れてしまったが上記の演奏、リリングのものなのでオーボエはおそらくパッシンだろう。このような演奏を聴いてしまうと、古楽系の演奏には戻れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

博多のオーボエ好き
2015年10月16日 10:46
全く知らなかった素晴らしい曲のご紹介ありがとうございました。夜勤明けの疲れが消え去りました。
2015年10月18日 23:39
博多のオーボエ好きさま
コメントありがとうございます。本当にバッハのカンタータにはオーボエの素晴らしいソロが山のようにあります。しかし、私が知らない曲の方がもっと多いとは思いますが・・・。
cherubino
2015年10月19日 21:05
Zauberfloete様、こんばんは。茂木大輔氏のカンタータか開眼のお話は、『オーケストラは素敵だ』(音楽之友社・刊)で私も読みました。若き日の茂木氏はリリングの元で、Zauberfloeteさんご紹介のパッシンに師事していたんですよね。彼の同僚であるヘダ・ロトヴァイラー女史に徹底的にしごかれた話など、とてもおもしろくまた興味深いものでした。確かパッシン、ヘダと並んで、バッハの「ミサ曲ロ短調」のサンクトゥス1曲(のみ)で、第3オーボエを吹いた経験もあるとか。著者略歴ではいつも、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウムのメンバーとして「カンタータ全集」の録音を行う、ともされているので、もしかしてどれかの曲では、茂木さんの音も聴けるのかもしれません。
2015年11月04日 20:56
cherubinoさま
いつもコメントありがとうございます。やっと155番の演奏会も終わって一息ついています。
私が持っている数枚のリリングのCDを見直してみたところ第98番のオーボエ・ダ・カッチャ:茂木大輔と載っていました。他にも第43番で宮本文昭、ディートヘルム・ヨナスなどと書いてありあらためて驚いています。
あまり大きな声では言えませんが、個人的には、パッシンに代表される現代オーボエの美音に慣れてしまう(?)と古楽系のアンサンブルのオーボエはどれも貧弱で枯れすぎている気がしています。
rotakohho
2015年11月21日 06:08
最近ようやくヘンスラーのバッハ全集を入手したので確認しましたが、リリングのBWV12のオーボエを演奏しているのはパッシンではなく、Otto Winter氏でした。
ご存じとは思いますが、バンベルク響主席を務めた人で、そのむかし読売日響の主席をしていたそうですね。
Winter氏が吹いているCDでは、バンベルク響管楽パートがベートーヴェン、クロンマーの八重奏曲他を演奏したものを長いこと愛聴しています。この演奏は2ndオーボエ(Bernhard Heinrichs)の雄弁さが印象に残るのですが、調べたらこの人はWinterとPassinに師事し、現在はチューリヒ歌劇場の主席になっていました。
2015年11月21日 21:12
rotakohhoさま
貴重なコメントありがとうございました。ヴィンターの名前は知っていましたが聴いたのは初めてです。あまりに美しく柔軟性のある音色のためパッシンだとばっかり思いました。また教えて下さい。

この記事へのトラックバック