パート譜・スコアの間違い/印刷ミス

パート譜にはどこかミスがあるものと思っていてほぼ間違いない。
http://zauberfloete.at.webry.info/201505/article_22.html
今回の「魔笛」のパート譜は悪名高い(?)カルマス版。そのため事前にスコアとパート譜を突き合わせてチェックしたところ、♯が落ちていたり、音高の異なる箇所始め、強弱記号の抜けなど10箇所以上のミスが発見された。
しかし先日の練習の際、第二幕フィナーレ、パミーナとタミーノが炎の中を通り抜ける前、パミーナが「あの魔法の笛は、私の父がある神秘な時刻に千年もたったオークの樹の深い根から作ったものです」と歌うバックのFgオブリガートを吹いていて何かヘン(頭で覚えているメロディと違う)と思い思わず中断、スコアを確認したところパート譜のミス(チェック見落とし)が発覚した。
このオブリガートの6小節目、本来、D-E Fis-G A-Fis であるところが、パート譜では D- Fis-G A-Fis になっていた。またしてもチェックがいい加減だったことがわかり、我ながら詰めの甘さを痛感することとなった。
さらに、直した箇所の確認をしようと、隣の人にスコア(ドーヴァー版)を見せてもらったところ、私のオイレンブルク版スコアとは音が異なっていた(第11曲デュオの15小節4拍目ウラの八分音符:ドーヴァー版スコアとカルマス版パート譜はH、オイレンブルク版スコアはG)。
これについては、帰宅してから自筆ファクシミリ版スコアを確認したところ、G が正しいことがわかった。
http://zauberfloete.at.webry.info/201001/article_13.html
なお、オイレンブルク版スコアにも何箇所か間違いや抜けがあったことを付け加えておく。スコアが違っているとなると我々は何を拠り所にしていけば良いのだろうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック