ルオーとフォーヴの陶磁器展

画像

ルオーとフォーヴの陶磁器展を観た(パナソニック汐留ミュージアム)。
http://panasonic.co.jp/es/museum/
「1906–11年、パリ近郊、陶芸家メテの工房。―芸術の革新を担う若き画家たちが魅せられた、絵画と陶芸の競演。」というサブタイトルがついた今回の展示。ひじょうに興味深く、初めて観る作品に魅了された。

1900年代初頭のフランスで、新しい表現を模索していたルオー、マティス、ドランなどの画家たち。激しい色彩を特徴とした彼らの作品が飾られた1905年のサロン・ドートンヌの批評に由来して、「フォーヴ(野獣)の画家」と称されたことはあまりに有名です。しかし、同じ時期に彼らが陶磁器制作に没頭していたことは日本ではほとんど知られていません。画家たちは画商ヴォラールの誘いもあって、パリ近郊にあるアンドレ・メテ(1871-1920)の工房に通います。色彩が釉薬に溶けて輝きを帯びる陶磁器の制作に魅せられた画家たちは、メテの用意する皿や壺に、大胆な表現と巧みなタッチによる絵付けを施します。その新しい装飾性と色彩の輝きは、批評家やコレクターを大いに魅了したのです。

「陶芸家アンドレ・メテ ―その作品と生涯」から本展は始まり、(私は知らなかったが)メテという人の作品もなかなか素晴らしかった。花瓶、皿、鉢などどれも優れたデザイン/色彩で、どちらかと言うと実際に花を活けたり、食べ物を盛るという実用的な用途ではなく、それ自体が鑑賞の対象となるような感じの作品ではあった。
そして、マティス、ヴラマンク、ドラン、などが絵付けした陶磁器。他にもルイ・ヴァルタ、ジャン・ピュイといった人たちの作品も展示されていたが、この三人の作品が圧倒的に素晴らしかった。

画像

アンドレ・ドラン/アンドレ・メテ 「花瓶 幾何学模様」(1907)

特にマティスの「花瓶 装飾的な花」は、おそらく数分で描かれたのではないかと想像されるほどの簡素なタッチの作品ながら、マティス以外の何物でもない存在感を持っている。本当に見事な作品だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック