きよしこの夜

録画しておいた「ららら♪クラシック」を観た。今回は「きよしこの夜」。
http://www.nhk.or.jp/lalala/archive.html
Joseph Mohr(1792~1848)作詞、Franz Gruber(1787~1863)作曲によるこの曲は、元々第6節まであり、中でもその第4節には平和へのメッセージが込められているという。

もう一つのメッセージ
日本では3番までがよく知られる「きよしこの夜」ですが、もともとの歌詞は6節までありました。1995年オーストリアのザルツブルクで、この歌の作詞者モールの自筆譜が発見されます。そこから、この歌詞がそれまで定説だった1818年のクリスマスかその直前に書かれたのではなく、2年前の1816年に作詞されていたことが明かになります。この1816年という年は、ザルツブルク周辺が、長い戦争からようやく開放された年でした。「きよしこの夜」の研究者エヴィリン・ウィンクラーさんは、「モールは戦争で荒れ果てた村の状況を憂い、この歌に平和への祈りを込めた。そのことが一番伝わるのは、第四節の“人類はみな兄弟"という言葉だ。」といいます。 その後、第一次世界大戦の戦場でも、短いながらも休戦をもたらすきっかけを作るなど、「きよしこの夜」は平和のメッセージを訴えかける歌としても歴史を積み重ねていきます。ウィンクラーさんは、「現在もこの歌の平和へのメッセージは大きな意味を持っています。世界中でもっと、第四節を歌ってほしい。」と訴えます。

以下、番組で歌われた第1、2、4節の歌詞(由木康・川端純四郎訳)

きよしこの夜 星はひかり
すくいのみ子は
まぶねのなかに
ねむりたもう やすらかに

きよしこの夜 み告げうけし
ひつじかいらは
み子の御前に
ぬかずきぬ かしこみて

静かな夜 聖なる夜
今夜 父の愛の全ての力をそそいで
私たちすべてを兄弟として恵み深く
イエスは世界の民をだきしめる

なお、オリジナルのドイツ語歌詞は下記のサイトに掲出されている。
http://ingeb.org/Lieder/stillena.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「聖夜に寄せて」/ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーア

    Excerpt: 久しぶりにこのCD全曲を通して聴いた。フリードリヒ・クレル指揮ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーアによる「ドイツ民謡集Ⅵ 聖夜に寄せて」というアルバム(Deutsche Schallplatten).. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2014-12-25 22:28