「聖夜に寄せて」/ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーア

画像

久しぶりにこのCD全曲を通して聴いた。フリードリヒ・クレル指揮ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーアによる「ドイツ民謡集Ⅵ 聖夜に寄せて」というアルバム(Deutsche Schallplatten)で、1992年10月/1993年2月に録音されている。
http://zauberfloete.at.webry.info/200903/article_7.html
東ドイツ時代のヴェロニゲローデはほとんど知られていなかったが、その後ブロッケン山(魔女伝説で知られる)への蒸気機関車による登山鉄道(1990年代になって運行が再開した)の駅などですっかり有名になってしまい、テレビに登場することも少なくない。
さてこの曲集、当合唱団としてはかなり後半の録音で、当初のような純粋な初々しさ(?)には欠けるとはいえ、澄み切った、温かく美しいハーモニーを聴かせる。無伴奏の曲のほか、ギター、チェンバロの伴奏が控えめに付けられている。なお、「きよしこの夜」は第1・2・6節が歌われている。
http://zauberfloete.at.webry.info/201412/article_9.html
収録曲目は下記の通り。大別して、
古い時代からの聖歌/クリスマスの牧人の歌/子守唄/19世紀以降の新しい時代の聖歌
などが収められている。

01. 薔薇の花がほころんだ(ケルン歌集より)
02. もうじきクリスマス
03. 扉を開けよ
04. さらさらと雪が降っている
05. シオンの娘よ よろこべ(見よ、勇者は帰る)
06. さあ 陽気に元気よく
07. もみの木よ おまえはいつも
08. 私たちに時いたれり
09. みんな 明日は何の日だろう
10. もみの木よ もみの木
11. 荒野の果てに
12. クリスマスツリーには明かりが点り
13. 小夜啼鳥よ 目を覚まして
14. あなたがたの牧人に歌を
15. 野薔薇の森のマリア
16. 神の御子は
17. 優しいお顔の幼子よ
18. いったい何事だろう
19. かたい藁の上には
20. さあおいで 子供たち
21. 来たれ 羊飼いたち
22. ヨーゼフ 私のヨーゼフ
23. いと美しき幼子よ
24. クリスマスの頃になると
25. 高き空から
26. 羊たちの許で目覚めると
27. 静かに 静かに
28. 空から天使が降りてくる
29. ベツレヘムに生まれたもう
30. 喜べ 大地と満天の星よ
31. 天使よ 家の中の様子を聞かせて
32. 神を讃えよ キリスト教徒よ
33. 聖なるかな 聖なるかな(「ドイツ・ミサ」よりサンクトゥス)
34. いざ歌え いさ祝え
35. おやすみ 神の子よ
36. きよし この夜

あらためて聴き直してみて、なかなかの名演/名盤であるということを再認識した。
http://zauberfloete.at.webry.info/201112/article_22.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック