新春演奏会終了

新年早々、私が昨年夏から参加させていただいているオケの演奏会を終えた。聴きに来て下さった方々にはあらためて感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。
このオケは約20名の小さな団体で、ハイドン交響曲全曲演奏を活動の主軸にしつつ、他の18世紀の作曲家(バッハファミリー、モーツァルトなど)の作品の演奏にも取り組んでいる。また、合唱団も併設されているため声楽曲もそのレパートリーに入っている。今回の曲目は下記の通り。
●ハイドン:交響曲第5番イ長調
●ゴールドベルク:チェンバロ協奏曲ニ短調
●ハイドン:交響曲第11番変ホ長調
●バッハ:ミサ曲ト短調BWV235
http://zauberfloete.at.webry.info/201308/article_4.html
おそろしく地味と言うか、かなりマニアックで一般受けはしそうにないプログラムと思う。私は降り番ではあったが、ゴールドベルク(大バッハの変奏曲にその名がついていることで有名)のチェンバロ協奏曲は本邦初演らしい。
ハイドンの初期のシンフォニーにおけるファゴットは、数曲を除きチェロ・バスと同じ譜面であり、独立したパートはない。今回の曲もチェロ・バス&ファゴットというもの。また、バッハのミサ曲ではコンティヌオ/通奏低音の一員としての参加となった。
という訳で、ソロはまったくない(とはいえ、間違ったり音が抜けたりすれば聴く人が聴けばわかる)ため、緊張感はほとんどない演奏会ではあったが、ほとんど吹き続けだったため体力的にはかなり疲れたことも事実。
が、緊張感がないということは、逆に言えばそれだけ楽しめたということであり、ハイドンの初期シンフォニーもあまり知られてはいない曲(私も知らなかった)ではあったが、実際にやってみるとなかなか面白く楽しい曲だったと思う。
そしてバッハ。バッハの声楽曲を演奏するというのは、実は私にとって初めての体験。今回、合唱と一緒の練習はほとんどなく残念だったが、本番での合唱の響きに包まれながらの演奏はある意味で感動的なものだった。バッハの音楽は、無宗教の人間でさえも敬虔な気持ちにさせてくれる。その意味でも私にとって貴重な体験だったと言えると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cherubino
2014年01月15日 16:12
Zauberfloete 様、U氏のコンサートに参加されておられるのですか。素晴らしいですね。U氏とはハイドンの最初期の交響曲について書いた折に、Twitterで数回お話したことがあります。
交響曲第18番第1楽章の展開部、34小節目ですが、ここの最初の4つの音符は、旧全集版の附点音符でなく16分音符が正しい形(ドラティ盤とホグウッド盤がそうなっています)。全曲がスキップ調で書かれているので、ここだけ16分音符にすると軽くリズムが引きずり気味になります。その扱いについてお尋ねしたところ、
「リズムやアーティキュレーション等を統一すると言う行為は長い歴史もあることですので、見識ある行為だと思います。難しいのはそれがこの瞬間に求められているのかの判断です。」
「正解は無いというのが正解だと思いますので、後は奏者のTasteの問題となります。それこそが18世紀の精神にかなっていると思います。」との貴重なご示唆をいただきました。まさにおっしゃるとおりだと思います。また演奏会等で経験された貴重な情報があったらご紹介ください。いやいや、U氏にもお伝えしましたが、ぜひ一度演奏会に伺いたいです! ぜひハイドン交響曲の全曲演奏までがんばってください。
2014年01月15日 21:30
cherubinoさま
昨年、この団体に入ろうかどうか考えていたときに、cherubinoさんのブログでのU氏とのやりとりが決め手となりました。実は私自身、氏の解釈に全く同意/共感している訳ではないのですが、しっかり自身の主張というか目指す方向を持っていらっしゃる方なので、勉強させてもらいながらしばらく続けて行こうと思っています。全曲までの道のりは長いのですが・・・。

この記事へのトラックバック

  • 通奏低音のファゴット

    Excerpt: 今年1月の演奏会(ハイドン&バッハ)のDVDが出来上がった。 http://zauberfloete.at.webry.info/201401/article_11.html 映像自体は固定カメラ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2014-03-21 22:13
  • 秋の演奏会(その3)終了

    Excerpt: この秋3回目の演奏会を終えた。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体の教会でのコンサート。 今年の初め、別の団体でバッハのミサ曲ト短調を演奏して以来、 http://zauberfloete.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2014-11-03 23:31