シュトレーレ氏退団

ベルリン・フィルのHPからヴィルフリート・シュトレーレ氏の名前が消えていた。氏は1947年生まれなので定年退職ということなのだろう。1971年ベルリン・フィル入団、42年という長い間本当にお疲れ様でしたと申し上げたい。
長いキャリアのシュトレーレ氏だが録音は意外に少なく、私が持っているのはブランディス・カルテットによるハイドン、メンデルスゾーン(DG/1981頃)、ベートーヴェン(harmonia mundi/1986)、モーツァルト(Nimbus/1995)、ベルリン・フィル八重奏団のベートーヴェン:七重奏曲他(EXTON/2008)くらい。もう少し涼しくなったらあらためて聴き直してみたい。
これでヴィオラのソロ奏者は清水直子さんだけになってしまったが、ヴィオラはトゥッテイ奏者の募集しかしていないため、空席は内部からの昇格となるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック