モナコ→ニース→アルル

画像

観光一日目(4/10)、ニースのホテルを出発し、まずモナコへ。
モナコ公国は広さ約2㎢、バチカン市国に次ぐ世界第2の小国。他国からの多くの億万長者が移住しており、豊かな国として知られている。治安も良く(人口67人に一人の割合で警察官が配置されているとのこと)、街並みも美しく、そして掃除もひじょうに行き届いている。
画像

モナコ大聖堂
画像

大公宮殿
画像

大公宮殿の丘から見たモナコ港
画像

再びニースへ戻る途中、エズという小さな村へ。高い丘の孤立した頂上に城壁を巡らして敵の侵入を防いだという要塞村。
画像

画像

ニースの街へ戻る。昨年行ったナポリを想い出させる街並み。
画像

画像

昼食後、アルルへ向かう。途中、バス車中から望むことができたサント・ヴィクトワール山。
画像

アルルの街の手前にある Pont Van Gogh。ゴッホが描いた「はね橋」を復元したもの。
画像

アルルはローヌ川沿いの人口約5万人、ローマ遺跡が多く街並みも何となくイタリアを感じさせる。
古代劇場跡、隣には円形闘技場もある。
画像

フォーロム広場にある、「夜のカフェテラス」のモデルになったカフェ。
画像

ゴッホが入院したことのある病院跡に総合文化センターとして建てられた、エスパス・ヴァン・ゴッホ。100年前にゴッホが描いた姿が再現されている。
画像

アルルでの観光を終え、約35km離れたアヴィニヨンへ向かう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フランス旅行

    Excerpt: 4/9~16までフランスを旅行した。ニース →モナコ →アルル →アヴィニヨン →リヨン →ブールジュ →トゥール →モン・サン ミシェル →パリを巡る旅。私にとってパリを除くとすべてが初めて訪れる街.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-04-23 19:11
  • 「ゴッホ全油彩画」

    Excerpt: TASCHEN25周年スペシャル・エディションとしてタッシェン・ジャパンから2010年に発売されたもの(解説はインゴ・F.ヴァルタ-)。店頭で見つけて価格も手頃(約4000円)だったため、すぐ購入.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-05-07 23:04