花粉症2013

今年の花粉症の症状は、昨年に比べるとかなりひどい。洟水は止まらないし眼のかゆみもずっと続いている。急にひどくなったのは3/8(金)頃からだったが、データを見るとやはりそのあたりから急激に花粉飛散量が増大していることがわかる。
http://kafun.taiki.go.jp/GraphSeason.aspx?MstCode=51300200&AreaCode=03
外出時は必ずマスクをするし眼薬もつけてはいるが、このところ薬(アレロック)は飲んでいない。
ここ数年、花粉症のひどい症状はあまり出なかったとはいえ、かゆみが出た時など(月2~3回くらい)に薬を飲んでいたのだが、昨年の夏以来、飲まなくても何とかなるという状況が続いていた。
今回あまりにひどいので久しぶりに一回飲んでみたのだが、症状は多少改善されたとはいえ翌日の眠気・倦怠感があまりにひどかったため、それ以来飲むのは止めている。
グラフを見ると3月末に再び飛散量がやや増えており、まだ終息するのは先かも知れないが、今年はPM2.5などという有害物質も飛来しているようなので、引き続き外出時のマスクは手放せない。

なお、花粉対策グッズといえば、マスクを始めメガネ、スプレーなどが一般的だが、先日初めて知ったのは首から下げるIDカード型のエアーマスク(?)。中に入っている薬剤が空気中の水分に反応し、CIO2(二酸化塩素ガス)を放出、その酸化作用(花粉のタンパク質を不活性化する等)により、半径1メートル以内に浮遊しているウィルス・菌・花粉・カビ等を除去する効果があるという。私は試したことはないのだが、果たしてどのくらいの効果があるものなのだろうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 花粉症(アレルギー性鼻炎?)

    Excerpt: ヒノキの花粉はまだ飛んでいるようだが、一般的にスギとヒノキの花粉は、構造がとてもよく似ており、スギ花粉に対してアレルギー反応を起こす人は、ヒノキ花粉にも同様の反応が出てしまうことが多いと言われている。.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-04-27 13:29