楽器のジョイント

昨日は楽器のジョイントがゆるゆるになってしまい、抜け落ちそうになった。練習の休憩時間中に急いで糸を少し巻き足したところ一応しっかりと固定できた。コルクではこのようにはいかないが、糸だと調整が自由自在のところが優れている点だと思う。
そもそも、ファゴットの管体に使われている楓は、他の木管楽器に使われているグラナディラやローズウッドに比べ柔らかく比重が軽いため、温度/湿度に伴って少なからず伸び縮みしているらしい。
一般的に、夏は温度/湿度共に高くなるので、それによって管体が膨張するので組み立てる時にジョイント部分がきつくなるのに対して、冬は逆に管体が縮んでジョイント部分が緩くなると言われている。
しかし、この前は寒い時にジョイントがきつくなったり、昨日は急に温度が高くなったら逆に緩くなってしまった。どういうことなのかさっぱり分からないが、とりあえず、きつくなったら糸をほどき、緩くなったら糸を足せば良いとは思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 楽器トラブル

    Excerpt: 先日の演奏会当日、テナージョイントのつなぎ部分がキツかったので、家に帰ってからよく乾燥させておき、その後試しに嵌めてみたところ何と抜けなくなってしまった。つなぎ/ジョイント部分は、一般的に冬の乾燥時は.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2015-03-12 22:30