アンサンブル・ウィーン

ぶらあぼ3月号を見ていたら、アンサンブル・ウィーンの来日公演のお知らせが出ていた。驚いたことに、ヴァイオリンがホーネクからダナイローヴァに代わっている。ヴィオラもゲッツェルから若い人になっていた。
http://www.philiahall.com/j/series/130629/index.shtml
http://www.nikkei-events.jp/concert/130704.html
この団体の歴史は古く、1980年代にヴァイオリンの故グッゲンベルガーがザイフェルト、ゲッツェル、ポッシュらと始めたウィーン・リング・アンサンブルに起源を持つ。現在は、管楽器も含めた編成になっているが、当初はこの4人のメンバーだった。
http://zauberfloete.at.webry.info/200605/article_15.html
http://zauberfloete.at.webry.info/200606/article_25.html
その後、リング・アンサンブルはキュッヒルに引き継がれ、グッゲンベルガーはアンサンブル・ウィーンを組織する。そして、グッゲンベルガーが亡くなった後はホーネクに代わっていた。
http://zauberfloete.at.webry.info/201012/article_8.html
ダナイローヴァはアンサンブル・ウィーンとしては3代目となる。どのような演奏を聴かせてくれるのかひじょうに楽しみである。ぜひ聴きに行きたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック