ヴォルフガング・シュルツ氏ご逝去

ヴォルフガング・シュルツ氏が3/28に亡くなられた。つい最近までWPhの首席としてご活躍されていたが、最近は病気で療養中だったらしい。3/28から開催されている第8回神戸国際フルートコンクールにも審査員として来日予定だったがキャンセルされていた。
11時現在、WPhのHPには未掲出だが、国立歌劇場のHP、ORFニュースなどには訃報が掲出されている。
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/aktuelles/neuigkeiten/Zum-Tod-von-Prof-Wolfgang-Schulz.de.php
http://orf.at/stories/2174264/
http://www.vienna.at/floetenvirtuose-wolfgang-schulz-im-alter-von-67-jahren-gestorben/3532523

WPhは退職されたとはいえ、まだまだソリストとして活躍できるご年齢だった。謹んでご冥福をお祈りしたい。

(3/31/0:10追記)
WPhのHPには、ヘルスベルク氏が追悼文を寄せている。
なお、3月28日というのはWPhの誕生日(1842年3月28日に初めてのコンサートが行われた)だったとのことである。
http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=de&cccpage=news_detail&set_z_news=1092

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック