オリエントの美術展

画像

近くまで行く用事があったのでついでに出光美術館に寄り、「オリエントの美術」展を観た。
出光美術館のオリエントコレクションは、エジプト・イラン・トルコ・地中海地域を中心に、多岐にわたる考古美術品で構成されており、それらは1979年秋以降は中近東文化センター(東京三鷹市)で常時公開されてきたが、今回34年ぶりに出光美術館で展示されたとのこと。石製品・土器・陶器・金属器・細密画など約140点の展示。
古代エジプト王朝時代の木棺蓋や朱鷺のミイラ、オシリスやイシスなどの神々青銅像、墓の副葬品なども興味深かったが、今回初めて観て、なかなか良いと思ったのは中近東の陶器の数々。
イラン、イラク、トルコなどの陶器はどれもヨーロッパでもなくアジアでもない(イランのものはやや中国の雰囲気に近いものもあった)、独特の色彩、デザインによる素晴らしいものが多く、特にトルコ、イズニク陶器には心惹かれた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック