「リンツ」のエディション~その2 ベルリン・フィルの演奏~

cherubinoさんよりご指摘があったため、ベーム=ベルリン・フィル盤を聴き直してみた。
http://zauberfloete.at.webry.info/201210/article_20.html
驚いたことに、終楽章の冒頭のチェロのキザミをファゴットが一緒に吹いており、他にも新版に準じた演奏をしている箇所が多かった(58、132:ちょっと聴こえ難かった、168、176、232、293、367小節など)。ただし第三楽章トリオ後半のファゴットはDisではなくDで吹いていた。
ということで、他のベルリン・フィルによる「リンツ」を聴き直してみた。指揮者による特別な指定がない限り、団所有の楽譜を使用するのが通常の形態ではないかという仮説の下にいくつかの演奏を聴いてみた。
●ベーム(1966/DG)
第一楽章序奏:18小節は各拍のウラがfp、第二楽章42小節はp、48小節の低弦・ファゴットはシ♭、第三楽章トリオ後半のファゴットD、終楽章は上記の通りで、総合的にはアーノンクールが採用しているエディションに近い。ただし、第二楽章冒頭のファゴットは聴こえない。
●カラヤン(1970/EMI)
第一楽章序奏18小節は各拍頭をfpにしており、第二楽章42小節はf、48小節はシ♮など、完璧にブライトコプフ版に準拠している。
とはいえ、個人的にはこの演奏は数ある「リンツ」の中で最も好きなものの一つ。特にメヌエットの遅いテンポなどはこの演奏でしか聴くことはできない。
●カラヤン(1977/DG)
使用楽譜については1970年録音とまったく同様(ブライトコプフ版)。ただし、第一楽章アレグロ・スピリトーソはさらに速いテンポになっており、提示部のリピートも行われている。
●指揮者なし(1987/RCA)
ベームの演奏とまったく同様で、聴こえ難かった終楽章132小節もしっかりファゴットが聴こえ、さらに第二楽章冒頭のファゴットもクリアに聴こえる。そして第三楽章トリオ後半のファゴットはD。
余談だが、この演奏(CD)はベーム没後何周年かの演奏会のものとずっと思っていたが、解説書にはエイズの子供のためのチャリティ盤であると書かれていた(他に第40番とフィガロ序曲が収められている)。
●アバド(1994/SONY)
第一、二楽章はベーム盤と同様で、第二楽章冒頭のファゴットも聴こえない。ただし、第三楽章トリオ後半のファゴットはDis、ということでベーレンライター版準拠による演奏かと思ったら、終楽章は58小節以外はブライトコプフ版に近い演奏(ファゴットと低弦が重ねられている箇所は他にない)。
●バレンボイム(2006/euroarts)
第三楽章まではベーム盤とほとんど同じだが、終楽章は132、232小節のみファゴットがチェロをなぞっているものの、その他の箇所ではファゴットは沈黙している。
ということで、同じベルリン・フィルとはいっても、
○ドナウエッシンゲン、フェルステンベルク侯宮廷図書館所蔵パート譜筆写譜に準拠した版
○上記版に近いがディテールはやや異なる版
○ブライトコプフ版
○ベーレンライター版
など、さまざまな版が用いられているようである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cherubino
2013年02月05日 23:25
Zauberfloete さま、こんばんは。
少し間があきましたが、おそらくベーム/BPOの演奏に使われたであろう楽譜(1955年、シュナップ編纂)を見つけました。ドナウエッシンゲン筆写譜を主資料に使ったもので、フィナーレのファゴット重複、さらにトリオのナチュラルDもこの楽譜どおりです。当然、旧全集とも違いますが、現行の新全集とも違うのです(ややこしい)。おそらくRCAの指揮者なし演奏も、同じ楽譜を使っているのではないでしょうか? アーノンクールについても再度調べてみたいと思います。

この記事へのトラックバック

  • 「旧モーツァルト全集とベーム(その3)

    Excerpt:  このブログにおいて、カール・ベーム指揮のモーツァルト交響曲全集について何回かシリーズで書いた(「LPで聴くモーツァルト Weblog: 毎日クラシック racked: 2013-02-05 23:09
  • 「旧モーツァルト全集とベーム(その3)

    Excerpt:  このブログにおいて、カール・ベーム指揮のモーツァルト交響曲全集について何回かシリーズで書いた(「LPで聴くモーツァルト Weblog: 毎日クラシック racked: 2013-02-05 23:22
  • 「リンツ」のエディション~その3 第一楽章のHr&Trp~

    Excerpt: 「リンツ」の版の違いについて、先週の練習中に今まで気付かなかった旧版と新版の相違を発見した。 http://zauberfloete.at.webry.info/201210/article_20... Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-02-07 22:44