ベルリン国立美術館

ベルリン国立美術館 (Staatliche Museen zu Berlin) は、Museen(複数形)でわかる通り、ベルリンにある美術館・博物館を意味している。ベルリン国立美術館群は、プロイセン文化財団の組織として、1957年に当時のドイツ議会により、プロイセン帝国時代の文化財とコレクションの保護を目的として設立された。
http://www.smb.museum/smb/standorte/index.php?p=2&objID=29&n=1
1830年に発足した「旧博物館」がその発祥であり、以後、コレクションが増大するに伴い新たな博物館が次々に建てられていった。そして1990年のドイツ統合を機に、東西ベルリンにあった博物館・美術館は部門(エジプト美術、ギリシャ、ロ-マ美術、古代末期・ビザンティン美術、絵画、彫刻、版画素描、工芸ほか)別に統合/整理/再編が進められている。所属する美術館・博物館は下記の通り。
1.博物館島(Museumsinsel):ウンター・デン・リンデン近く、シュプレー川中州にある。
●Bodemuseum(ボーデ博物館)
博物館島の北端に位置しており、2006年10月に彫刻コレクション、古代末期・ビザンティン部門、貨幣部門の美術館として再編された。
●Pergamonmuseum(ペルガモン博物館)
古代ギリシアのペルガモン(現トルコ、ペルガマ)で発掘された「ゼウスの大祭壇」、バビロニアの「イシュタール門」など、巨大な遺跡が展示されている。
●Alte Nationalgalerie(旧ナショナルギャラリー)
フランス革命と第一次世界大戦の間の時代の芸術の包括的なコレクションを有している。2001年より再編。
カスパー・ダヴィッド・フリードリヒ、マックス・リーバーマン、アーノルド・ベックリン始め、18~20世紀のロマン主義、表現主義、象徴主義などのドイツ絵画、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌなどフランス印象派絵画コレクション、およびロダンなど彫刻作品を所蔵している。
●Neues Museum(新博物館)
2009年10月に再オープン。エジプト美術とパピルスコレクションがある。「王妃ネフェルティティの胸像」を所蔵。
●Altes Museum(旧博物館)
古代ギリシャ・ローマ時代のアンティーク・コレクション(墓、彫像、レリーフなど)、2011年2月にリニューアルされている。

2.文化フォーラム(Kulturforum):ポツダム広場の新ナショナルギャラリーとフィルハーモニーの奥に1998年に建設された。
●Gemaeldegalerie/Old Master Paintings(絵画館)
13~18世紀のイタリア・ルネサンス、ドイツ・ルネサンス、ネーデルラント絵画などを所蔵する。
●Kunstgewerbemuseum/Museum of Decorative Arts(工芸美術館)
中世から現代までの工芸品(絹織物、タペストリー、装飾壁板、家具、グラス、磁器、金銀製品など)を集めた博物館。拡張工事のため2012年1月から休館中。
●Kupferstichkabinett/Museum of Prints and Drawings(素描版画館)
グラフィックアートの最大のコレクション。ボッティチェリから、デューラー、ピカソ、ウォーホルまで約550,000点の版画、約110,000点の素描を所蔵する。
●Kunstbibliothek/Art Library(芸術図書館)

3.その他地区
1)ポツダム広場周辺
●Neue Nationalgalerie/New National Gallery(新ナショナルギャラリー)
ピカソ、ムンク、クレー、ノルデ、キルヒナー、グロス、ディクスなど近代から現代の絵画作品を所蔵する。1968年に建設された。
2)ウンター・デン・リンデン周辺
●Friedrichswerdersche Kirche /Friedrichswerder Church(フリードリヒスヴェルダーシュ教会)
カール・フリードリヒ・シンケルの設計により1824~1830年の間に建設された。
3)ベルリン中央駅近く
●Hamburger Bahnhof - Museum fuer Gegenwart - Berlin(ハンブルク駅現代美術館)
19世紀半ばに建てられたベルリン~ハンブルク間を結ぶ鉄道の終着駅を改築し、1996年に現代美術館としてオープンした。ヨーゼフ・ボイス、アンセルム・キーファー、アンディ・ウォーホルなどの作品を所蔵。
4)ダーレム地区
●Dahlem Museums(ダーレム博物館)
Museum Europaeischer Kulturen(ヨーロッパ文化博物館)、Ethnologisches Museum(民族博物館)、Museum fuer Asiatische Kunst(アジア芸術博物館)から構成されている。
5)シャルロッテンブルク近郊
●Museum Berggruen(ベルクグリュン博物館)
広範囲な修復仕事により2012年秋まで閉館中。
●Sammlung Scharf-Gerstenberg(シャーフ・ゲルステンベルク・コレクション)
ピラネーシ、ゴヤ、ルドン、ダリ、マグリット、マックス・エルンスト、デュビュッフェなどの作品を所蔵。
6)動物園近く
●Museum fuer Fotografie(写真博物館)
2004年オープン。ヘルムート・ニュートンと同時代の写真家作品、および写真芸術ライブラリーから構成される。
7)ベルリン郊外
●Schloss Koepenick(ケーペニック城)
美術工芸博物館の別館として2004年5月にオープン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ベルリン国立美術館展

    Excerpt: ベルリン国立美術館展を観た(国立西洋美術館)。 今回が初来日というフェルメール:「真珠の首飾りの少女」を目玉に、「学べるヨーロッパ美術の400年」というサブタイトルがついている。今回の展示は、ベ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2012-06-23 13:04