モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調K543~序奏のテンポ その2~

前回の記事(http://zauberfloete.at.webry.info/201202/article_17.html)に対し、佐伯先生始め、ひでくんママさん、cherubinoさんからコメントをいただいた。ありがとうございます。
cherubinoさんからは、ニール・ザスラウ著「モーツァルトのシンフォニー(第Ⅱ巻)」(東京書籍/2003)の中に、以下のような記述があるとのご指摘があった(私も読んだことはあるはずなのだが忘れていた)。
モーツァルトは、二分の四拍子、二分の三拍子、二分の二拍子という拍子をめったに使うことはなく、特定の音楽的文脈――教会音楽の緩徐楽章、特にアッラ・ブレーヴェ様式によるカノンやフーガ――でのみ使用している。これらの拍子は、当該の楽譜が「古様式 stile antico」であることを知らせる役割を果たしており、モーツァルトがフックス流の対位法に通暁していたことの、さらなる証拠となっている。モーツァルトがこれらの拍子を使う使い方は、クヴァンツの図式における各拍子の位置付けに合致しており、教会音楽は劇場音楽や室内音楽より遅いテンポで演奏されたとする、同時代の多くの論文の説明とも合致している。モーツァルトは四分の四拍子を、きわめて遅いテンポの曲から適度に速いテンポの曲まで、幅広く使用した。しかし二拍子系のきわめて速い楽章では、2/4、あるいは「縦線C」による記譜を採用している。したがって「縦線C」には、二つの異なった意味がある。つまり、古いアッラ・ブレーヴェのテンポという意味と、より当世風な四分の四拍子の縮小版という意味である。
ということで、cherubinoさんは、ひでくんママさんのコメントをヒントに、このK.543の序奏に「キーリエー、エレーイソーン」と歌詞をつけて歌えるということから、この(縦線C)は「古様式」の印であって元気な二拍子で演奏するものではないのでは、との仮説をたてておられる。なかなか興味深い仮説だと思う。

その後、私もずっとこの問題について考えていたのだが、スコアを見ていて気がついたこと。
注目したのは、序奏冒頭二小節目のヴァイオリンの32分音符の下降音型。ヴィオラやチェロ/バスにもこの(上昇)音型は出てくるのだが、それらはすべて一拍半:32分音符4つ×3(12個)の単位で構成されている。
そして、アレグロ(四分の三拍子)に入ってから、今度は16分音符4つ×3(12個)による下降音型がヴァイオリンによって奏されるのだが、私はこれらが同じようなテンポで聴こえることをモーツァルトは意図したのではないかとふと思った。
そのためには、
・序奏(二分の二拍子)の二分音符の速さと、アレグロ(四分の三拍子)の付点二分音符の速さを同じにする。
・序奏の四分音符の速さと、アレグロの付点ニ分音符の速さを同じにする(先日私が聴いた演奏)。
のいずれか、というか厳密には両者の間くらいの比率による(?)テンポで演奏することにより、序奏とアレグロの下降音型が同じように聴こえることになる。
ここで、「コジ・ファン・トゥッテ」序曲の<アンダンテ>の序奏を見てみよう。ここで8小節目の3拍目からの6小節と半分のフレーズ(後半は「コジ・ファン・トゥッテ」と歌われる部分)が、続く<プレスト>の228小節からの13小節で再現される。また、「ポストホルン・セレナーデ」K320の第一楽章の<アダージョ・マエストーソ>の序奏の6小節は、続く<アレグロ>の152小節からの12小節で再現されている。
このことは、<アンダンテ>は<プレスト>の半分の速さ、<アダージョ>は<アレグロ>の半分の速さで演奏すれば、序奏と主部に継続性を持たせることができ、さらに主部において序奏がまったくそのまま再現されるということになる。
そして交響曲第39番の序奏は<アダージョ>、四分の三拍子の主部は<アレグロ>。ということは上記の法則(?)に当てはまらないだろうか?

ここで話は逸れるが、これも今日、「13管楽器のためのセレナーデ変ロ長調K361(K370a)」冒頭ページのファクシミリ(家の廊下に額に入れて掛けてある)を見ていて思ったのだが、この序奏は交響曲第39番の序奏に何となく似ている。
13管楽器の序奏は、<ラルゴ>、四分の四拍子なのだが、4分音符・付点8分音符・16分音符・4分音符に続く、クラリネットの32分音符の細かい動きが、視覚的に39番の序奏を想起させる。そして主部は<モルト・アレグロ>・・・。
以上、モーツァルトが意図したであろう序奏と主部の関係は何となくわかってきたが、ではなぜ39番の序奏はニ分の二拍子で書かれているかということ。これについてはもう少し考えてみたい。

この記事へのコメント

ひでくんママ
2012年02月24日 18:47
ただの思いつき発言が、他人によって根拠を与えられてしまったのを反省しつつ(笑)、本日ベートーヴェンの七重奏曲を聴きました。
これも Adadio, Allegro con brio という「いわくありげな」開始なんですね。でも、やっぱモーツァルトとは背景が違うと感じました。
この曲はハイドン的かな? ⇐ また直観発言。
バソンのカール・エールベルガーさんが、なんとなく気になります。
2012年02月24日 20:38
ひでくんママさま
コメントありがとうございます。
この曲、ベートーヴェン自身にとっては不本意(?)な作品だったようですが、私は大好きです。
お聴きになった演奏は、バリりSQと「ウィーン・フィルハーモニー木管グループ」の演奏だと思いますが、ウラッハが吹いているのは有名ですが、Fgエールベルガーとホルンはフライブルク? と書いてあるのでしょうか?
ひでくんママ
2012年02月24日 21:56
私が入手したのは、つぎの2枚です。
 ベートーヴェン 七重奏曲 op.20
ヴィルヘルム・シュトロス四重奏団 + ウラッハ、フォン・フライベルク & エールベルガー
           Ardmore Classics M - 002

シューベルト 八重奏曲 D.803
            * 演奏者は同じ
           Ardmore Classics M - 001
cherubino
2012年02月25日 00:00
Zauberfloete様、ひでくんママ様、こんばんは。K.543のテンポ設計については、Zauberfloeteさんの上記発言、特に下降音型のくだりは非常に説得力があると思います。実は、私も昨日深夜、別項でZauberfloeteさんが検証されたアーノンクール盤を取り出し、冒頭部分を何回も聴きながら、今後はこういう演奏が増えてくるだろうな、と思ったところです。
一方、アラ・ブレーヴェという用語あるいは記号「縦線C」はなかなか奥が深くて、2・3日調べたくらいではとても結論めいたことは言えません。単純に「縦線C」=「2分の2拍子」というのは簡単なのですが、バッハの「ロ短調ミサ曲」に「2分の4拍子!」の曲(第7曲)があって、これに「Allabreve」の文字と「縦線C」記号がついていたりします。「breve」とは倍全音符の意味ですし、これは2小節単位で「荘重に演奏する」くらいの意味なのかもしれません。また同じバッハには「Alla breve」BWV589というオルガン曲(偽曲説あり)がありますが、これは「古風な曲」「荘重曲」のような意味になるのでしょうか? K.543の序奏冒頭が「キーリエー」と歌えるというのはひでくんママさん発言へのちょっとした悪のり(笑)のつもりでしたが、この序奏が当時はすでに古風であった「フランス風序曲」のリズムを持っていることには今一度注意してもよさそうです。私個人は「荘重様式」で壮麗に演奏するカラヤン盤も大好きです。モーツァルトの「縦線C」については、今後も調べてみたいと思っています。
2012年02月25日 09:36
cherubinoさま
コメントありがとうございます。
拍子というのは音楽の表現に大きな影響を与える要因であるにもかかわらず、特に二分の二拍子と四分の四拍子の区別というのは、プロの世界においても軽視されているように思えます・・。
作曲家が意図したテンポは本人に訊いてみないことにはわかりませんが、とはいえ、いろいろと考えてみるテーマとしては面白いものだと思います。なお、カラヤン盤(特にEMI)は私も大好きです。
右近
2019年08月05日 17:53
はい、序奏の下降音階と主部の下降音階が同じテンポ設定にするでビンゴだと思います。
因みにノリントンも同じこと言ってました。

因みにアラブレーベですが、
最近特に思うのは、これはテンポにもたしかに関係するけれど、強拍としてアクセントを置く拍についても影響があるのではないかと考えています。
Zauberfloete
2019年08月05日 21:16
右近先生
コメントありがとうございます。
ノリントンもそのようにおっしゃっていたとのこと、心強いです。
アラブレーヴェはじめ、いろいろなことについてまたお教えいただきたく、どうぞよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調K543~序奏のテンポ その3~

    Excerpt: 交響曲第39番の序奏と主部について、先日、手持ちのCDの中からいくつかその速さを実測してみたのだが、私が持っていなかったアーノンクールとインマゼールのCDを図書館から借りてきた。実測結果を前回の結果に.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2012-02-24 22:05
  • 図書館で借りてきたCD

    Excerpt: 二分の二拍子で書かれた音楽はどのように演奏されるべきなのかについてずっと気になっており、図書館で下記のCDを借りてきた。 ●ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲&ロマンス/Vn:クリスティアン・テツラ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2012-08-08 21:42
  • モーツァルトの序奏の速度表示について

    Excerpt: K361/K370a(「グラン・パルティータ」)の序奏がラルゴであることを思い出したため、念のため思い浮かぶ序奏の付いた他の曲の速度表示(序奏→主部)を確認してみた。 Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-06-04 23:06
  • テンポについて

    Excerpt: コレルリ:合奏協奏曲作品6 第8番ト短調 のメンスーラ記号について調べようと思い、 http://zauberfloete.at.webry.info/201505/article_18.html .. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2015-05-23 20:40
  • ラトル=ベルリン・フィル/モーツァルト交響曲集

    Excerpt: ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールのニュースレター上でラトル指揮モーツァルト三大交響曲の演奏会のライブ無料サービスが付いていたので視聴した。2013年8月23日の演奏会で、このうち「ジュピタ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2015-09-15 22:23
  • モーツァルト・アラカルト(交響曲編・補足)

    Excerpt:  一昨日、井上道義・指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢のモーツァルト・三大交響曲集(2007)のうち「交響曲第39番変 Weblog: 毎日クラシック racked: 2015-12-09 20:30
  • イヴァン・フィッシャー=バイエルン放送響/モーツァルト39番

    Excerpt: バイエルン放送交響楽団のHP, BRSO Mediathek→Videos で https://www.br-so.de/brso-mediathek/videos/ イヴァン・フィッシャー指揮の.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-05-03 21:06