クリスマス音楽

私が最初に買ったクリスマス曲集は、カラヤンのLP(1000円盤)だった。
●カラヤン/アヴェ・マリア KARAJAN PRESENTS CHRISTMAS(LONDON/1960年代初)
カラヤン=ウィーン・フィル団員のバックでレオンタイン・プライスが「清しこの夜」、「天には栄え」、「もみの木」などのクリスマス・ソングを歌っている。
以後、順番は覚えていないが、下記のディスクを購入する。
●クリスマス協奏曲集/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1970)
オリジナルは70年代初めに発売されていたが、私が買ったのは廉価盤のRESONANCEシリーズ。これは本当に何回も繰り返し聴いた。黒田恭一氏による素晴らしい解説が付いていた。
http://zauberfloete.at.webry.info/200612/article_13.html
●ブラスのクリスマス/ベルリン・フィル金管アンサンブル(DG/1977)
黄金時代のベルリン・フィル金管セクション(トランペット4、トロンボーン4)によるクリスマス曲集。メルヘンチックなイラストのジャケットが印象的。上記カラヤンのクリスマス協奏曲集のCD(GALLERIAシリーズ)にその一部が収録されているが、その他の曲はCD化されていない。
●カンターテ・ドミノ(proprius/1976)
アナログ時代の優秀録音として一世を風靡した名盤。Hi-Fi的に切れ味の鋭い録音というより、教会という建物の天井の高さ、その冷やかな空気感、敬虔で厳粛な雰囲気を十全に伝えている録音であると個人的には思っている。もちろん、収められている音楽も素晴らしいものでクリスマス音楽としては最高の一枚と思っている。
http://zauberfloete.at.webry.info/200712/article_10.html
ただし、現在聴くと、一部テープの回転ムラがあったり、ソプラノのソリストがかなり低めに音程をとるところが気にならないでもないが・・。
他にも、ボストンポップスのクリスマス曲集、レーゲンスブルクのクリスマス(だったか)、などの何枚かのLPを持っていた。
そして、CD時代になってから、上記「ブラスのクリスマス」以外の3枚はCDに買い替える。
それ以降、いろいろ曲集を買い集め、現在、棚には下記のようなCDが入っている。
●EIN WEIHNACHTSKONZERT(PHILIPS/1960年代)
イ・ムジチ合奏団によるコレッリ&ロカテッリ、ヴィンシャーマン=ドイツ・バッハ・ゾリステンによるバッハなどが入っている。
●Maria Wiegenlied THE CHRISTMAS SONGS/長島伸子(Kapelle/1980年代)
●クリスマス・ガラ・コンサート(CBS/1988)
ドミンゴ、グルベローヴァ、ホフマン、フレーニ、カレーラスなどがクリスマス・ソングを歌っている。
●Blaesermusik zur Weihnacht/ルートヴィヒ・ギュトラー管楽合奏団(Deutsche Schallplatten/1982・83)
●CHRISTMAS with the Symphony Brass of Chicago(vox/1994)
●HOLLYWOOD TROMBONES(HMA/1987)
以上はあまり(というかほとんど)聴かなくなってしまったが、下記のCDはシーズンには時々取り出して聴く。
●HOME for CHRISTMAS(DG/1998・99)
アンネ・ゾフィー・フォン・オッターが歌うスウェーデンのクリスマス・ソング集。プロデューサはカール・アウグスト・ネーグラー。
●MEDIEVAL CAROLS/Oxford Camerata(NAXOS/1992)
男女4人のグループがアカペラで中世のキャロルを歌う。なかなか巧い。
●ドイツ民謡集第6集~聖夜に寄せて~(Deutsche Schallplatten/1992・93)
ヴェルニゲローデ少年少女合唱団によるクリスマス曲集。曲によりソプラノ/バリトン・ソロ、ギター、チェンバロなどが加わる。往年の名演には及ばないが、それなりに美しい。
http://zauberfloete.at.webry.info/200903/article_7.html
●CHRISTMAS PAST/アンサンブル・エクレジア(女子パウロ会/1990~97)
アンサンブル・エクレジアは、聖パウロ女子修道会のプロデュースにより、リュート奏者のつのだたかしを中心に1990年に結成された歌と古楽器のアンサンブル。
http://www.linkclub.or.jp/~dowland/ecclesia/ecclesia.html
このCDは、それまでに発売された5枚のCDから抜粋されたもの。
中世、ルネサンス、バロック時代の、クリスマスに因んだ歌ばかり。普通のクリスマス・ソング集はとは少々異なる、独特の静謐感と優しい響きに満ちている。主な歌を担当している波多野睦美さんは特に素晴らしい。とにかく「カンターテ・ドミノ」に匹敵する屈指の名演/名盤と思う。

以上がクラシック(含む周辺)編。その他のジャンルは下記に譲る。
http://zauberfloete.at.webry.info/200912/article_18.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「聖夜に寄せて」/ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーア

    Excerpt: 久しぶりにこのCD全曲を通して聴いた。フリードリヒ・クレル指揮ヴェロニゲローデ・ユーゲントコーアによる「ドイツ民謡集Ⅵ 聖夜に寄せて」というアルバム(Deutsche Schallplatten).. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2014-12-25 22:27
  • ブラスのクリスマス

    Excerpt: タワーレコードからベルリン・フィル金管アンサンブルの演奏による「ブラスのクリスマス」がCD化、復刻発売されたので早速購入した。 http://tower.jp/item/4393987/ ベル.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2016-12-20 00:05