オーディオ機器不調

体調と同様、オーディオ機器も不調が目立ってきた。
まずCDプレーヤー。長く使用していた名器LHH-500が壊れたため、現在の機種(X-30)に買替えてもう6年が経つ。この機種、素晴らしくクリアで伸びのある音を聴かせてくれるのだがいろいろと問題も多い。買って2カ月もしないうちに当時流行っていた(?)コピーコントロールCDのせい(と私は今でも思っているが)でトラブルが発生し、一旦は取替えてもらったがその後も調子が悪く、何回か調整してもらいながら使い続けている。(持ち主に似たのか)神経質きわまりなく、特に寒くなるとエラー補正時(?)にカタカタというノイズが発生(ディスクによって発生しないものもある)し、それが気になって鑑賞どころではなくなってくる。最近もずいぶん大きな音になってきたと思ったら、ついに音飛びが発生したためもう修理に出すしかないと覚悟を決めた。一応、サービスセンターに電話してみたが、年内はもう予約が一杯で修理完了は年明けまでかかってしまうとのことだったため、しばらく様子をみることにした。
次にスピーカー。もう購入してから10年以上経っており、これまで特にトラブルは発生したことはなかった。先々週くらいに、まず左チャンネルにザラつきが出たが、大きな信号を流してみたところ解消。しかし、先日今度は右チャンネルの音が出なくなった。これもかなり大きな音を出すことで何とか解消したのだが、またいつ起こるかわからない・・。
昨日の段階では、CDのメカ音は最初のうちは出ていたのだが、室温が上がるに連れて解消し、最初にかけてメカ音が出たディスクをもう一度再生してみたところ今度はトラブルなく再生でき、スピーカーも特に問題なく鳴っていた。こうなると、少しずつだましだまし使っていくしかないのだが、いずれにしても週1~2回ではなく、毎日少しずつ鳴らしている方が良いのだろう。パワーアンプ、コントロールアンプは購入後それぞれ一回は修理に出しているので、まだしばらく壊れないとは思うが、CDプレーヤーは修理に出す(メカ音は完全になくすことは不可能とのこと)か、いっそ買替えようか迷っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

pfaelzerwein
2009年12月22日 01:46
型番をみても私には思い浮ばないのですが、大変繊細な機械をお使いなようですね。スピーカーはやはりアンプの問題じゃないでしょうか。

私はCDプレーヤーもSONYの音楽ファン受けの良かったX202ESという大量生産品を使ってますが十五年以上健在です。その作られた音のバランスと共に未だにあまり不足も感じないのもなんとなく横着し過ぎですが。音のチェンジはDAコンヴーターを繋ぎ替えれば出来ますしね。きっと良い製品は読み取りが違うのでしょうが、「異音」、「針飛び」よりも精神衛生上良いような?

体調も含めて、のんびりされる方が宜しいかと。
2009年12月22日 22:04
pfaelzerweinさま
いつもコメントありがとうございます。
確かに、いくら音が良くてもいつノイズが出るかと心配しているのでは本末転倒です。次はもう少し大らかな製品を選びたいと思います。

この記事へのトラックバック