練習再開

私が参加させていただいているもう一つのオケの練習に久しぶりに出席した。8月末に演奏会を終えて以来、
http://zauberfloete.at.webry.info/200908/article_14.html
先月末から練習は始まっていたのだが、私は第九の演奏会を控えていたのでお休みさせていただいていた。
さて、今回(演奏会は来年4月)は、メインは降り番、序曲(チャイコフスキー:「ロミオとジュリエット」)は2nd、中プロ(ブラームス:「ハイドンの主題による変奏曲」)のみ1stを吹かせてもらう。ブラームスは大変難曲なので、私も一通り事前に練習して行ったためまずまず吹けたが、チャイコフスキーの方は甘く見ていたら結構難しい(とは言ってもあまり聴こえない)ところがあった。あと、あの曲は低音が多いので低域が出やすいリードで対応する必要がある。
二曲とも私にとって初めて演奏する曲。特にブラームスは以前より一回は演奏したかった曲なので大変嬉しい。両曲とも一通りは知っている曲(とは言っても、これまで「ハイドン・バリエーション」は「ロミオとジュリエット」の少なくとも30倍以上、回数は聴いている)なので、あらためて曲の良さを発見するということはないとは思うが、ただ聴いているのと実際に演奏するのは大違い。今回もスコアは十分読み、いろいろな演奏を聴き、より理解を深めたいと思う。また新しい発見があるかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック