Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーライトケース

<<   作成日時 : 2008/04/22 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

身体、特に腰への負担を軽減する目的もあり、FOX社製のスーパーライトケースを購入した。
以前からその存在は知っていたが、実際に楽器を入れて持った時の軽さに驚き、決して安い価格ではなかったが即購入を決意した。これまで使っていたNonaka製のコンパクトケースは約3.8kg、今回のケースは2.2kgということだが、実際に持った感じはそれ以上の差があるように思えた。
有名なJDRのライトケースは定評があるが、一度コンパクトケースに慣れてしまうと、なかなか通常の形のケースを持つ気にはならない。また、リュック型のライトケースも個人的にはかなり違和感があり敬遠していた。また、WISEMANも見た目は良いし軽そうに見えるが結構重い・・。
http://www.wisemancases.com/
ということで、外見はコンパクトケースだがひじょうに軽いスーパーライトケースの選択をすることとなった。
全体的に軽量化を図っているため、「本当の」ハードケースに比べると構造上はやはりヤワな感じがするのは仕方がない。が、満員電車などに楽器を持って乗る場合は別として、通常の場合、強度的にはこれで充分とも思える。
問題は使い勝手。ボーカルを一番下に収納したり、小物入れのストッパーを最初に閉めたりする必要があること、リードケースなどの入れ場所が限られているなどの問題があると同時に、楽器を分解して収納する時の順番がやや不合理になっており、慣れないと、同時に多少物を置くスペースが周りにないと楽器を片付ける時に手間取ることになってしまう。
とはいえ、楽器を持ち歩く際の負担が大幅に減るというメリットに比べれば何とかなる問題ではあり、中長期的に考えれば、身体への負担を少しでも減らすことが演奏面への良い影響があるものと思っている。
話は逸れるが、最近何かで読んだ徳永二男氏のヴィトンの特注ヴァイオリン・ケースの話。どこへ行っても注目されるが、あまりに重すぎてツアーなどには持って行けないという内容で、その重さが5kgとのこと。ヴァイオリン自体はファゴットの重さに比べればはるかに軽いものであり、何とも贅沢な悩みと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
瞬間接着剤
普段使っているFOX社製のスーパーライトケース http://zauberfloete.at.webry.info/200804/article_12.html は軽くて良いのだが使い勝手にやや難があることに加え、水平に置くとき用の脚が付属していないので、ゴム製の脚を取りつけている。さらに、タテ置きする時の4つの直径15mmくらいの金具の脚が短いという欠点(そのままだと脚の意味をなさない)があるため、私は厚さ3.5mmくらいのビニール管を切って平らにして貼り付けている。 練習に出かけ... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2009/10/17 23:48
「音楽家の 身体メンテナンスBOOK」
原書は下記の通り。 THE MUSICIAN'S BODY:a maintenance manual for peak performance by Jaume Rosset i Llobet,edited by George Odam Ashgate; illustrated edition edition (30 Jun 2007) http://www.amazon.co.uk/Musicians-Body-Maintenance-Manual-Performance/dp... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2011/05/18 21:59
楽器ケース ショルダーストラップ破損
「音楽家の 身体メンテナンスBOOK」 という本を読んで以来、楽器は手に持たずにストラップを肩にかけて持ち歩いていた。 http://zauberfloete.at.webry.info/201105/article_13.html 先日練習に行く途中、駅のエスカレーターに乗っていたところ突然ストラップの先の金具が外れた。幸い楽器は抱きかかえて持っていたので下に落ちることはなかったが、手を添えていなかったら大変なことになるところだった。 ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2012/07/24 23:10
楽器調整/修理完了
来月初めに次の演奏会があるため楽器を調整に出した。先月末、一回だけだが右手小指キーが下りたまま戻らなくなってしまったことがあり(右手親指Fisキーとの連動貫通棒が引っかかったらしい)、念のため他の箇所も一応チェックしてもらったのだが、とりあえず特に問題はなかったとのこと。 あと、今回の目的はロングジョイントの凹み修理。ケースを立てて置いていた時に倒してしまい、向き/角度が悪かったせいか、ダブルジョイントのキーがロングジョイントに当たってわずかなキズ(凹み)をつくってしまったため。厳密には... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2015/04/16 22:17
楽器ケース買換え
FOX社製のスーパーライトケースを購入して約8年。 http://zauberfloete.at.webry.info/200804/article_12.html 老朽化が目立ってきたのと、私自身だいぶ歳を取ってきたため、そろそろ背負えるケースの方が身体にラクではないかと思い、ケースを買換えた。 購入したのは最近人気のあるマーカス・ボナ製。 http://download.yamaha.com/api/asset/file/?language=ja&site=jp.yamah... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2016/10/10 23:16
楽器ケース
第九の演奏会の前に楽器を調整に出したかったのだがなかなかスケジュールが合わず、結局先日の演奏会終了後に依頼。通常は一週間くらいかかるところ、今回は練習の必要もあり短期間での調整をお願いした結果、早く戻ってくることとなった。 今回は調整に加えてベルのキズの補修も依頼したのだが、一見しただけではどこにキズがあったかわからないくらい上手く復元されていた。やはりベルは楽器の「顔」なので、小さいキズではあったがほぼ元通りになって本当に良かったと思う。 ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2018/07/12 20:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーライトケース Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる