高木綾子さん

前回(ヘルムート・ハンミッヒ)の最後に、オケをやりたくないのだろうかと書いたのだが、
http://zauberfloete.at.webry.info/200709/article_15.html
ご本人のブログを見ていたら、「オーケストラは、将来絶対にやりたい事の一つなので、お勉強をさせて頂いて幸せです」という記述があり、余計なお世話ながら大変嬉しく思っている。
高木綾子さん、9月29・30日のアツモン=N響の演奏会に再び首席エキストラで出演するという。プログラムは下記の通り(モーツァルトはフルートなし)。
○R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28
○モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219「トルコ風」
○ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
そのあとで、茂木大輔さんのブログを見に行ったところ、この練習のことを書かれており、ブラームスの2ndObは池田昭子さん、1stFlは高木綾子さんなので美女二人に挟まれ両手に花、と喜んでおられた・・(喜んでいるだけではなく、高木さんについて「凄い音+技術」と絶賛されている)。加えて、「ティル」の2ndObは天野恭子美女、2ndFlもトラでアカデミー出身の美貌で有名な女性とのこと・・。木管前列は茂木氏以外、美女ばかりということになる。
高木さんの吹くブラ1なら(当日券もあるようだし)ぜひ聴きに行きたいと思ったのだが、土曜は練習、日曜は温泉旅行が予定されており、残念ながら断念。11月2日に予定されているテレビは何があっても見逃せない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オーケストラの顔

    Excerpt: オーケストラの顔、といったらどのパートのことをさすのだろうか。 もちろん、主役はヴァイオリンであることに間違いはないが、人間でもそうであるように第一印象はまず顔な訳で、ちょっと聴いて印象に残る、とい.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2007-11-05 22:33