携帯メールアドレス

携帯電話(正しくはPHS)のメールアドレスを変更した。
あまりの迷惑メールの多さに耐えかねてのことである。当初、よく考えずに名前を変形した短い(7桁)アドレスをつけてしまったせいなのか、しばらくはほとんど何もなかったのだが、この2~3ヶ月急に怪しげなメールが増え始め、最近は一日10通以上という状況となった。特に身に覚えがないだけに、個人のアドレスがどのようなプロセスで伝わって行くのか気にはなる。
PHSとしては最長の20桁の名前にしたので、しばらくは大丈夫とは思うが、変更自体の手続きよりも変更通知を出すことの手間がはるかに面倒だった・・。
さて、私は最近では珍しいPHS派なのだが、電気通信事業者協会(TCA)調べによると2006年3月時点の、携帯+PHS全体の総加入者数に占めるPHS使用者の比率は約4.9%。完全に少数派になってしまっているが、私がいまだにPHSを使い続けている理由は以前から継続していること、データ転送の量/スピードなどの他に一つ大きな理由がある。
それは、電話機が発する電磁波の量の少なさ。以前に、電磁波測定器というものでいろいろな機器の電磁波を実際に測定したことがあるのだが、とにかく他の電気機器(パソコン、テレビ、冷蔵庫他)などに比べて一桁数字が大きかったのは携帯電話と電子レンジ。通話時はどうしても脳に近接するので、長時間使用した場合の累積効果(脳への悪影響)はいまだに海外では疑問視されている。ちなみに、最近の機種はアンテナが省略されているものが多いが、アンテナを立てるだけでもかなり耳・側頭部が受ける電磁波の実測値は低減していた。
一方、PHSの電磁波は携帯より一桁少なく、その意味で精神的には何となく安心できる。さらに、クレジットカードや銀行のキャッシュカードへの影響。よく携帯とそれらを重ねて持っている人を見かけるが、携帯は何もしてなくても微弱な電波を発している訳だが、そのような状況で着信があったら、カードがダメになることは必至である。
私はPHSユーザーではあるが、その意味でカバンの中の磁気カード類とPHSはなるべく遠ざけるようにはしている。ちょっと心配しすぎかも知れないが・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック