カラヤン「アルプス交響曲」

連休で時間があったので久しぶりに映像モノを観た。
カラヤンの映像作品の中でも、数少ない純粋な(?)ライブもの。個人的には1977年の第九、1982年のエロイカと並んで最も優れたものだと思う。
この映像は、1983年11月20日に収録されたもの(CDは1980年録音だった)で、この時、カラヤンは75歳。足を多少ひきずってはいるが、指揮姿はまだまだ元気で、往年のように眼を閉じることもなく、しっかりとオケを掌握し、必要最低限ながらひじょうに的確な指示を出すのを見ていると、やはり他の指揮者の追従を許さない偉大な指揮者であったことを実感する。
オケは、弦楽器がコンマス:シュワルベ、トップサイドはシュピーラー、2ndはマース&ヴェストファル、ヴィオラは若きレーザ&クリスト、2プルトにはカッポーネもいる。そしてチェロはフィンケ&ボルヴィツキー、バスはヴィット、木管は、ツェラー、シェレンベルガー、(ザビーネ)マイヤー、ピースク、ホルン:ハウプトマン、ラッパはグロート&クレッツァー(アシ)、ティンパニは一回も映らなかったかったがおそらくフォーグラーだろう。このメンバーは本当にベルリンフィルの黄金時代の末期と言える。
静寂に満たされた「夜」。金管のコラールは暗いが決して重くならない。「日の出」に至る緻密なオーケストレーションをベルリンフィルは繊細かつ圧倒的に再現する。続く、森、小川、滝、花畑、爽やかな牧歌、のどかでゆったりとした雰囲気、ハウプトマンのホルンが素晴らしい。「道に迷う、氷河へ、危険な瞬間」、練習番号72の直前のカラヤンのキューの出し方はあきれるほど見事、それに応えるピースクの美しい音色と音楽的な歌い方。続くグロートの至難なソロも完璧。「頂上にて」から「景観」あたりはベルリンフィルのパワー全開という感じで、まさに全員が嵩にかかるという表現が相応しい。特に必死でキザむカッポーネ(息子)。霧が湧いて太陽が陰り、「悲歌」、故シュテムプニクの哀愁を帯びたイングリッシュホルン、マイヤーの美しいソロ、練習番号106番の鳥の鳴き声(?)は凄い切れ味!雷雨と嵐から下山あたりは、スコアを見るとすごい状況だが、耳で聴いているだけだとただ圧倒されているうちに終わってしまう。そして「日没」。ここでのカラヤンの指揮ぶりを観ていると、この曲のクライマックスは山頂でも雷雨でもなく、この「日没」であったことが確信できる。これ以上感動的な演奏はないと思われるほどの素晴らしい呼吸とうねり・・・。オルガンの荘厳な和音とホルンのこだま。余韻を残しながら、静かにゆっくりと太陽は沈み、再び漆黒の暗闇が訪れる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ��vʡ��ɸ��ڶ�

    Excerpt: Idea Sound Project �˴�ڤΥڡ������Ǥ��ޤ�������vʡ��ɸ��ڶʡ����նʡ����岻�ڡ��Х쥨���%〓����ռ��̡����������ȥ顢�졼�٥��̡.. Weblog: Idea Sound Project racked: 2006-05-13 04:02
  • 岩城宏之&メルボルン交響楽団/「アルプス交響曲」

    Excerpt: NHK「思い出の名演奏」を観た。1987年の来日演奏会の記録とのことで、当時放送されているはずだが私は初めて観る映像だった。岩城氏はさすがに若かったが特製(?)のイスに座っていたのは何か体調のせいだっ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2006-09-25 22:50
  • ノルベルト・ハウプトマン氏 ~ベルリン・フィル関連人事異動その2~

    Excerpt: ハウプトマン氏が定年退職された(ベルリン・フィルのHPで確認)。 2007年5月に65歳を迎えており、下吹きホルン募集は以前から出されていたのでそろそろ退団されるとは思っていた。 ノルベルト・ハウ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2008-01-16 21:32
  • ワールト=N響~その3 ジャニーヌ・ヤンセン&「アルプス交響曲」~

    Excerpt: 2009年4月10日の定期公演、録画しておいたものをやっと観た。 曲目は前半がチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調。独奏はジャニーヌ・ヤンセン。 *1978年オランダに生まれ、1997年にア.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2009-05-28 22:39
  • ザルツブルク音楽祭2011/ティーレマン=ウィーン・フィル

    Excerpt: 「ザルツブルク音楽祭2011」において8/8に行われたティーレマン=ウィーン・フィルによる演奏会の模様が、mediti.tvにてインターネット生放送された(その後も無料で公開されている;映像と音声の微.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2011-08-10 23:31
  • 小澤征爾=バイエルン放送響

    Excerpt: 図書館から小澤=バイエルン放送響のDVD(DREAMLIFE)を借りてきた。 1983年6月17日ミュンヘン、ヘラクレス・ザールでのコンサートの模様。曲目は下記の通り。 ○ベートーヴェン:「エグモ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2012-02-04 23:42
  • ハーディング=サイトウ・キネン・オーケストラ

    Excerpt: 録画しておいたダニエル・ハーディング=サイトウ・キネン・オーケストラのコンサートの放送を観た(BS朝日)。2012年8月キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)における収録。 サイトウ・キネン・オー.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2013-01-08 22:54
  • 読売日響/アルプス交響曲

    Excerpt: 「読響シンフォニックライブ」は、コルネリウス・マイスター指揮、R.シュトラウス:アルプス交響曲。2014年9月3日東京芸術劇場での収録。 コルネリウス・マイスターは1980年、ドイツ・ハノーファー出.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2014-12-15 20:45
  • 沼尻=読響/アルプス交響曲

    Excerpt: 録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。今回は沼尻竜典指揮のR.シュトラウス:アルプス交響曲(2018年5月10日/新宿文化センター 大ホールにおける収録)。 あまり期待しないで(失礼)観.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-07-26 22:12
  • ギュンター・ピースク氏ご逝去

    Excerpt: ベルリン・フィルのHPでピースク氏のご逝去が報じられている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/guenter-piesk-.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-09-06 16:17