アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「鉄道」のブログ記事

みんなの「鉄道」ブログ

タイトル 日 時
MAXときE4系
MAXときE4系 用事があっての帰り、MAXときE4系に乗車した。自由席車輛の2階席に座ったのだが驚いたのは一列3席+2席の5人掛けではなく、3席+3席の6人掛けだったこと。連結部/乗降口へのドアは3席+2席用に右寄りに作られているため視覚的にはヘンな感じを受ける。 椅子は回転するようではあったが、リクライニングもひじ掛けもない簡素(?)なもので、3人掛けの中央席も特に広くはない。まあ、一人でも多く着席できるという意味はあるのかも知れないが、やや意外な構造ではあった。が、この一列6人掛けは自由席車輛の2階の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/02 23:09
プラレールアドバンス
プラレールアドバンス プラレールは50年以上の歴史を持つ鉄道玩具で、「青いプラスチック製のレールの上を、単2乾電池または単3乾電池1本で走る3両編成の列車」を基本構成としており、製品は主に「鉄道が好きな15歳までの子供」を対象としているとされる(私も持っているが)。 プラレールアドバンスという製品は2011年に発売されたとのことで、「従来のプラレールで使われていた青いプラスチックの単線レールを複線として使用し走行する」もの。「?」と思う方もいらっしゃるかも知れないが、実際に見てみるとすぐにわかる。 http:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 23:15
原鉄道模型博物館
以前から行きたいと思っていた博物館にやっと行くことができた。 http://www.hara-mrm.com/index.html 2012年にオープンしたこの博物館は、故原信太郎が製作・所蔵した世界一ともいわれる膨大な鉄道模型と鉄道関係コレクションが展示されている。特にその模型は本物の鉄道車両を忠実に再現していることが大きな特徴で、模型は架線から電気をとり、鉄のレールを鉄の車輪で走行する。そして、一番ゲージ(縮尺約1/32)の鉄道模型は一般公開されている室内施設としては世界最大級のジオラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 22:56
上野東京ライン
上野からの帰り、発車時刻表示を見るとちょうど良い電車があったため、初めて上野東京ラインに乗車した。品川までは15分、京浜東北線快速とほぼ同じ所要時間で、山手線では19分。開通して約一年半、品川駅の東海道線上りホームで待つ人が飛躍的に増えたこと、湘南方面の友人の「東京始発でなくなったので座れない」という声などを聞くが、品川あたりに住んでいると直接には関係ない路線と言える。上野くらいだと特にメリットは感じられないが、赤羽、大宮方面に出かける場合には重宝することになるのだろう。 さて、今回私が乗った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 22:36
エアポート快特
エアポート快特 演奏会があったホールの最寄り駅は京成線の江戸川駅(京成高砂から2つ目の駅)という初めて行くところ。 http://zauberfloete.at.webry.info/201608/article_17.html 帰る時、京成高砂で特急京成上野行きに乗り換え、青砥に着いたところ、反対側のホームに「エアポート快特 羽田空港国内線ターミナル行」が停まっていたため乗り換えた。 青砥から押上まで6分、「エアポート快特」は都営浅草線内では浅草、東日本橋、日本橋、新橋 、大門、三田しか停まらないの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/22 23:43
西武新宿駅
長年東京に住んでいるが、今回初めて西武新宿駅を利用した。日曜だというのに、午前中の特別練習が企画され、西武新宿線沿線駅に行くことになっていたのだが、朝起きると山手線全線、京浜東北線(一部?)が不通とのニュース。すぐには復旧しそうもないので、とりあえず、りんかい線→埼京線で新宿まで出たものの山手線は止まったままなので仕方なく(通常であれば高田馬場で西武線に乗り換えるのだが)、西武新宿駅まで歩くことにした。駅構内で聞いたあと、東口交番でも場所を確認、しばらく歩いてやっと駅の看板が見えてきたと思ったら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 16:41
京浜東北線快速 停車駅変更
午前中の本番終了後、午後の練習に向かうため、京浜東北線快速電車に乗ったところ、神田に停車したので驚いた。私は秋葉原で乗り換えたのだが御徒町にも停車するとのこと。 http://zauberfloete.at.webry.info/201503/article_9.html いつからこのようなことになったのだろうと調べてみたところ、昨日の「上野東京ライン/北陸新幹線」開業に伴うダイヤ改正に合わせた変更であることが分かった。 http://www.jreast.co.jp/press/2014... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 00:01
「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」
「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」 「鉄道ジャーナル/2015年2月号」を読んでいたら、<羽田・成田とリニアをつなぐ>という特集があり、 http://www.rjnet.jp/ 羽田空港を取り巻く新線の渦、という項で、2014年9月に東京都が公表したガイドラインの内容が紹介されている。それによれば、 1.都営浅草線の別線建設 2.JR東日本の空港新線計画(旧貨物線利用) 3.東京モノレールの東京延伸 4.蒲蒲線(大田区空港新線) 5.品川〜田町周辺まちづくり @田町〜品川間のJR新駅(オリンピック開催までに開... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/12/26 23:05
羽田→函館
羽田→函館 国内旅行というのは海外旅行に比べておそろしく緊張感が少ない。事前に準備もほとんどしなかったし、現地の様子もまったく予習せず、集合がお昼過ぎ羽田であったこともあり、本当にちょっとその辺に出かける感じでの出発となった。 最初からいきなり話は逸れるが、今回は品川から京急の快速に乗ってみた。品川→京急蒲田は8.0km、それを7〜8分で走るのだからかなり速いと思ったのだが、帰りに乗った京急蒲田からの快速は体感上さらに速く、品川まで実測6分を切っていた(時刻表上は6分)。1〜2分の違いは大したことはな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/17 00:02
都電
都電 荒川区某所に行く用事があったため、初めて(厳密には約50年ぶりに)都電に乗った。現在残っている路線はこの荒川線のみ。早稲田―三ノ輪橋間(30駅)、12.2kmを約53分で運行しているという。 都電(東京都が経営する路面電車)は、最盛期には41系統が存在し、総延長は213kmにも及んだらしいが、自動車の増加に伴う渋滞の発生源としての要因、交通局の経営悪化などによって1967年から1972年にかけて荒川線を除くすべての区間が廃止された。荒川線は線路の大部分が専用軌道であったことと、沿線住民の強... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 23:40
地下鉄の出口
オケの練習があったため、暑い中、昼前から出かけ、都営大江戸線で門前仲町へ。が、持っていた地図には東京メトロ東西線の門前仲町2番出口からの道順しか載っていない(縮尺を大きくしてプリントしようとしたため)。大江戸線構内から2番出口へは行かれなかったので一旦地上に出たところ、自分がどこにいるかわからなくなってしまった。あたりをうろうろして、結局コンビニで道を訊いたりしているうちに10分以上が経過。もう少しで遅刻するところだった。 先週は大江戸線蔵前駅の出口からの地図を持っていたのだが、乗って行ったの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/27 23:41
西武鉄道/幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)
西武鉄道/幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN) 西武鉄道は7/19から「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」の運行を始めるとのこと。ニュースを見た時、「?」と感じたのは、京急/KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN の裏返し?と思ったため。 http://zauberfloete.at.webry.info/201405/article_10.html 調べてみたところ、今回の企画は京急とのタイアップ企画とのこと(西武鉄道のHPより)。 http://www.seibu-group.co.jp/railwa... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 22:13
KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN
KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN 「黄色い」京急が5/1から走り始めたらしい。新1000 形の8両編成に特別塗装をした車両で、「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」(京急イエローハッピートレイン)と呼ばれ、コンセプトは「HAPPYになる電車」とのこと。 ニュース・リリースは下記の通り。今後およそ3年間運行されるという。 http://www.keikyu.co.jp/company/20140425HP_14020AM.pdf 現在は他に、KEIKYU BLUE SKY TRAIN という「青い」電車も... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/07 21:08
成田→ホノルル
成田→ホノルル 今回はツアーとはいえ、往復の飛行機とホテルが決まっているだけで、成田集合時刻という表記もなく、ただ出発便と出発時刻が記載されているだけ。初めてWebチェックインなるものを行い、eチケット控とオンライン搭乗券をプリントアウトして出かける。 出発は夜だったため、久しぶりにアクセス特急を利用して成田へ向かう。地下鉄内では通過駅もあるものの停車駅が多いため乗っている時間は長く感じるが、品川‐空港第2ビルの所要時間は77分、成田エクスプレスと比べても10分多くかかるだけ。反面、運賃は1460円で成田... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/05 22:20
JR料金、途中下車した方が安いことも
JR料金、途中下車した方が安いことも 昨日午前中に目白で練習があり、普通は一旦昼過ぎに帰宅するのだが、続けて用事があったため蒲田まで直行した。目白-品川は190円、品川-蒲田は160円なので途中下車しなければ合計よりはもっと安くなると思っていたのだが、改札を出る時に表示された金額は何と380円!何かの間違いではないかと思い、帰ってから調べてみた。 JRの料金体系についての説明を見ると、まず、幹線/地方交通線なる区分が出てくるが、今回のケースには関係ないので省略。首都圏の場合、幹線よりさらに安い料金体系が設定されている。 まず、特... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/22 19:48
京急蒲田駅
昨日の午前中、横浜方面へ出かける用事があり京急蒲田駅で普通電車を降り、乗り換えるために下り(三崎口方面)3番線ホームで快速特急を待っていた。 http://www.keikyu-ensen.com/stationDetail/12 すると、「電車が通過いたします。」というアナウンス。はて、1番線(羽田空港方面)であればエアポート快速が京急蒲田を通過する(昨秋のダイヤ改正により、それ以外の快速特急は京急蒲田駅に停車することになった)こともあるが、三崎口方面のホームでは、平日夕方ラッシュ時に運転... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/03 10:32
京急ダイヤ改正
京急蒲田付近の高架化工事が完成し10/21からダイヤが改正された。今回の改正のポイントは、品川/都心方面と羽田空港間の所要時間の短縮、「快特」の本数倍増、および横浜方面〜羽田空港間の所要時間の短縮、「エアポート急行」の倍増などであり、京急蒲田〜品川間の各駅停車駅(快特・特急・急行の止まらない駅)を利用する人たちにとっては、あまり直接関係はない。とはいえ、朝夕ラッシュ時以外の急行廃止により、日中の普通(各駅)本数は上下線とも従来の約6本から9本に増え(普通京急蒲田行きというのも新設された)、その意... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/21 18:57
グラーツ→ウィーン
グラーツ→ウィーン グラーツは、ウィーンの南西約160km、オーストリア第2の都市で人口は約25万人、シュタイアーマルク州の州都。グラーツというと、私にとってはカール・ベーム、ヴェルナー・トリップが生まれた街くらいのイメージしか持っていなかったのだが、観光的にはシュワルツェネッガーの生地として有名なようである。 旅行四日目は朝から市内観光。バスを下車してムーア川にかかるハウプト橋を渡り、市庁舎前から旧市街を歩くが、この日は曇りで気温は低く、今回の旅行で最も寒かった。足先は冷たく、マフラーはもちろん手袋をして、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 21:44
成田→ウィーン
成田→ウィーン (前回http://zauberfloete.at.webry.info/201111/article_14.htmlから続く) 今回は成田集合時刻(9:45)にちょうどぴったりの西馬込発の京成/アクセス特急(スカイライナーの路線を走る一般特急)があったので、初めて利用してみた。 泉岳寺(8:09発)からの所要時間は84分。同じ頃の成田エクスプレスは、品川8:19発で成田空港9:28着なので、ほとんど出発時刻は変わらない。加えて、特急券の要らない特急なので料金は成田エクスプレスの約半額。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/29 22:37
究極の鉄道模型
「鉄道模型ちゃんねるスペシャル」という115分番組を観た(BSジャパン 8/21)。 <究極の鉄道模型製作>という内容で、4人のゲージ・マイスターがヨーロッパ世界遺産鉄道のジオラマ/レイアウト(鉄道の情景模型)制作に挑むというもの。 下記三つの地域における山並み/街並みと鉄道を、1/160というスケールでそのほとんどをフルスクラッチ(既存のパーツを一切使用せずにまったく新規に制作する技法)により再現する。 ○オーストリア南部、アルプス近くの山岳地帯を縫う様に走るセンメリンク鉄道(サイズ:6... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/22 22:12
京急600形
京急600形 2010年に更新されたばかりの600形にたまたま乗車した。 初代600形は1950年代に製造された正面2枚窓の車両、その後700形から改番された600形は、クロスシートで週末特急やハイキング特急などに利用されていた。そして新世代の600形は1994年に登場。地下鉄対応車両ながら全席クロスシート(一部可動式)という画期的な仕様だった。その後、可動式座席は廃止され、ロングシート化されるなど更新が行われていた。 さらに、去年あたりから更新された車両は、最も分かりやすい特徴として先頭車のワイパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/06 23:07
赤坂見附駅山王下口
今年の9月頃から新しい出口が使用できるようになったことは何となく知っていたが、急に思い立って朝の通勤時に使ってみた。 赤坂見附駅はニ層構造になっており、地下一階は銀座線渋谷行き(丸の内線は荻窪方面行き)ホーム、地下ニ階は銀座線浅草方面行き(丸の内線は池袋方面行き)ホームになっている。その渋谷行き方面の一番後ろ(新橋寄り)に設置されたエレベータで一度地下三階に下りるとそこが改札口。そこから長い(大江戸線六本木駅ほどではないが)エスカレーターを上るとプルデンシャルタワー前に出る。ちょうど(通称)遅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 21:03
蔦屋重三郎展
蔦屋重三郎展 「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展を観た(サントリー美術館)。 18世紀後半の江戸時代、歌麿・写楽の名作を次々と世に送り出した蔦屋重三郎。彼は版元、出版人であると同時に、企画・製作・流通・販売まで手がける名プロデューサーであったという。 「蔦重とは何者か?」の章に始まり、「蔦重を生んだ<吉原>」、歌麿、写楽と続くのだが、今回、その良さをあらためて再認識することになったのが歌麿の美人画。<美人大首絵>という、人物の上半身をクローズアップして描く大首絵を売り出したのも蔦重とのこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/01 22:52
サハE231-4649
サハE231-4649 これまで何度も外から(?)は見てはいたが、当該車両には初めて乗車した(車内のプレートには新津車両製作所 平成22年製造とあった)。 サハE231-4649は、現在置き換え中の山手線6ドア(一編成中7,10号車に使用)代替車。 今年の2月頃、山手線のホームドア設置に伴い6ドア車が廃止されるという発表があり、その後、恵比寿駅、目黒駅などは、7号車と10号車の部分を除いてホームドアが使われている。その後徐々に置き換えは進んでいるが、6ドア車付きの編成はまだ結構残っているようだ。 この6ドア代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 21:09
PASMOのメリット(その2)
先日千葉まで出かけた時、いつもの京急線の駅から定期券(品川・新橋経由赤坂見附まで)で乗車(入場)し、品川でJRに乗換え、横須賀線→総武快速線でJR千葉駅で下車したのだが、引き落とされた金額は560円(JR新橋→千葉の料金は690円)。 確かに、新橋からメトロで銀座線→東西線を乗り継いで西船橋からJRで千葉に出れば560円で行ける。私はこれまで、定期券を持っていても実際に改札口から入場(または出場)しなければ最安価格が適用されないと思っていた。 http://zauberfloete.at.w... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/03 22:29
京急蒲田駅
横浜からの帰り、12両編成の快特の最後尾に乗車した。 京急川崎を出て多摩川を渡り六郷土手駅を過ぎるとそのまま高架となり、新しくなった雑色駅を通過して間もなく京急蒲田駅に到着。 上り線開通後初めての京急蒲田駅。当たり前だが、図面通りホームの最後部(横浜寄り)には普通電車用の退避線があり(まだ使われてはいない)、その前方に先発電車が停車する構造になっている。京急の車両は18mとはいえ、12両プラス6両が直列(?)に停車できるよう、ホーム全体では300メートルを超える新幹線並みの長さになっている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 22:24
京急ダイヤ改正
5/16(日)より京急のダイヤが改正されると発表された。 http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100507.shtml 本線の平和島駅〜六郷土手駅間、空港線京急蒲田駅〜大鳥居駅間の上り線が同日から高架化されることに伴って実施されるという。概要は下記の通り。 1.平日の品川〜京急川崎駅間における、朝夕ラッシュ時の「普通」電車の運転パターンを変更し、混雑緩和、遅延防止を目指す。 2.「快特(ウィング号を含む)」を金沢八景駅停... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/12 22:40
京急2100系/急行羽田空港行き
京急2100系/急行羽田空港行き 土曜日、品川21:40発の急行羽田空港行き(品川始発)は最近は800系または1500系で運用されていたが、 http://zauberfloete.at.webry.info/200703/article_12.html 今日は驚いたことに2100系が使われていた。これまで休日の朝などの特急に使われていたことはあったが、急行用(早朝には例があるらしい)に使われているのは私は初めて見た。 2100系は2000系の後継車として1998年3月に導入されており、通常は快速特急、平日夜間は京急ウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/14 23:58
東京駅日本橋口
ゴーギャン展の帰り、会場から東京駅までのシャトルバスに乗ったのだが、着いたのは丸の内南口(以前はそうだった)ではなく、丸の内側でも八重洲側でもない最も北側(ガード下?)にある日本橋口というところ。東京駅には、丸の内、八重洲それぞれに北、中央、南の計6箇所の改札口しかないと思っていたので驚いた。 大昔からあって最近改修されたのかどうかよく知らないが、比較的新しい造りになっており、長距離バスのターミナルが目の前、2007年3月に竣工したというサピアタワーが直結している。平日の夕方だったワリには人通... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/25 10:23
成田エクスプレス新車両
成田エクスプレス新車両 今週始め、朝の通勤途中に山手線で田町車両センターの脇を通っていたら、遠くの方に成田エクスプレスだが顔つきが異なる車両が見えた。 この新しいE259系、後で調べたら5月に鎌倉車両センターで公開されていたとのこと。実際に使われるのはこの秋からで、色は現行の253系と同様、白基調の上部赤ライン、他に一部黒を使用、運転席は2階(先頭車両同士を連結した時に通行可能という)、N'EXのロゴは変わっていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/17 21:58
横浜線
横浜線 東京への帰り、あまり急いでいなかったこともあり、桜木町駅で入線してきた京浜東北線(北行)には乗らず、停車していた始発の横浜線に乗った。 普通の205系(山手線のお古?)と思ったのだが、注目すべきは座席端に取り付けられていた半透明の袖仕切り。私が普段乗る車両にはあのようなものは付いておらず初めて見るものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/05 22:22
「東海道ライン〜全線・全駅・全配線〜」
【図説】日本の鉄道、と題されたシリーズで、「東海道ライン」第1巻、東京駅―横浜エリアという本。講談社から2009年3月18日に発刊されている。 私はこの本の存在を新聞広告で知った(新聞広告はそれなりの効果がある!)のだが、普通にこの本を書店の店頭で発見することは至難の業と思う。 まず、「東海道ライン」とは、編著者の川島令三氏が考案した造語で、JR東海道本線にスポットをあて、かつ、連絡するJR、私鉄、地下鉄、モノレールなども含めた大きな「ライン」として捉えたものとのことである。 これまで、路... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/29 22:42
溜池山王/赤坂見附
オフィスが赤坂に移転して4ヶ月が経過した。通勤にもやっと慣れたが、銀座線新橋駅の混雑は5月頃に比べ、一段と激しくなっているように思われる。銀座線は古いためホームが狭いこともあり、改札口を入ると階段の降り口まで人が溢れており下に降りられない。一本電車が着いてやっとホームに降りられ、次の電車を一本見送ってから列の先頭に並びやっと次の電車に乗れることになる。とはいえ銀座線は次の電車が入線してくるまで約一分という超過密ダイヤなので、それほど待たされることはない。 それにしても、少なくとも昔(約40年前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/29 21:14
PASMOのメリット(?)
定期を変えてから初めて、練習のため都営三田線の大手町で下車したのだが、改札口の料金表示を見ると260円。 http://zauberfloete.at.webry.info/200804/article_15.html 京急品川駅までの定期を乗り越して三田経由、大手町まで乗ったので340円(京急線品川→泉岳寺:130円+都営浅草線泉岳寺→都営三田線大手町:210円)のはずだが・・と、改札を出たあと歩きながら考えていたのだが、これは赤坂見附から東京メトロ→都営地下鉄を乗り継いで大手町まで出た(... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/22 16:56
ありがとうギャラリー号
ありがとうギャラリー号 会社の帰り、京急品川駅の下りホームに入線してきた車両を見て目を疑った。 赤と黄色の塗装は紛れもないデハ230形の色・・。この電車を知っている人は現在ほとんどいないとは思うが、私が小学生の頃にはかなり走っていた車両で、懐かしいことこの上なかった。 230形の先頭車両は、前面三枚ある窓の進行方向に向かって左の窓の部分のみに運転席スペース(左隅の一角に半室、開放型)がある構造で、進行方向右側の座席は本当に電車の先頭まで達しており、開閉可能な窓だったのでそこに座るとかなり迫力があったことを覚えて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/11 22:22
ゆりかもめ
ゆりかもめ 国際展示場まで行ったので、帰りに「ゆりかもめ(正式には東京臨海新交通臨海線という名称らしい)」に乗って新橋まで出た(行きはりんかい線)。 ゆりかもめはこれまで何回も乗っているが、今回初めての経験;先頭車両に乗り、たまたま青海で座席が空いたので先頭座席(一人がけの方)に座ることができた。さすがに先頭車両というのは見ていても飽きない景色ばかり。座席側から見る景色と運転席から見る景色は全くと言って良いほど違うことにあらためて驚く・・。ちょっとした遊園地気分で湾岸の車窓の眺めに十分満足した。370... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 22:33
京王新線
今日の練習は幡ヶ谷であったため、新宿から都営新宿線に乗換えて幡ヶ谷駅で下車した。 と思っていたのだが、suicaから引き落とされたのは120円、よく調べてみると、(新線)新宿と笹塚間は京王新線と呼ぶらしい(駅は初台、幡ヶ谷の二つだけ)。1978年に開業し(その関係で、それまで京王線に存在した初台、幡ヶ谷は移設されたのとのこと)、1980年から都営新宿線と相互直通運転を開始したという歴史をもっている。 まあ、乗客としては乗っている電車が目的地に着きさえすれば何線でも良いのだが、初台や幡ヶ谷に行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 21:27
E233系1000番台初乗車
E233系1000番台初乗車 蒲田駅のホームに降りると、ちょうど入線してきた電車が止まるところ。見るとドア窓の形がやや違う。顔を見ればすぐ分かったのだが、側面の行き先表示LEDを見てE233系-1000番台であることを確認。 http://zauberfloete.at.webry.info/200712/article_20.html 2007年度中に120両を投入予定とのことだったので、まだ数編成しか走っていないハズ。何回かは目撃していたが実際に乗るのは今回が初めて。 ドアに帯があるところまでは確認できなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/14 12:47
京浜東北線E233系
京浜東北線E233系 京浜東北線209系後継車両としてのE233系1000番台が登場した。公式には12月からの運用と発表されていたがやっと今週になって2回目撃、が、まだ乗る機会はない。 中央線にはかなり前に導入され、私も何回か乗ったことはあるのだが、今回の京浜東北線の車両は微妙に仕様が異なっているらしい。具体的には、 ・前面帯の位置が前面窓の下部に配されており、列車番号表示器もE231系近郊タイプのように前面窓の下部に設置されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/12/29 20:54
新幹線N700系
新幹線N700系 科学大好き土よう塾(NHK教育土曜午前9:15)、今回の特集は「発見!新幹線の速さのヒミツ」。ゲストは「鉄子」として知られる豊岡真澄。 スタジオは(羨ましいという意味の)すごいレイアウトの鉄道模型がセットされていたが、それが映ることはほとんどなく残念だった・・。それはともかく、0系、300系、500系、N700系などの(動かない)模型を使い、それらの最高速度、東京‐大阪間の所要時間の説明などを行っていた。500系とN700系は最高速度は同じながら、所要時間は5分短縮されている。その理由に迫... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/02 18:40
ベルゲン鉄道(The Bergen Railway)
ベルゲン鉄道(The Bergen Railway) 今回の旅でフロム鉄道以上に期待していたのが、このベルゲン鉄道。 NSB(ノルウェー国鉄)の看板路線でもあるThe Bergen Railway、ベルゲンとオスロ約470km、飛行機なら一時間弱のところを7時間前後で結び、ヨーロッパの鉄道の中でもその景観の美しさでは定評がある。6月からのダイヤをみると一日7便、そのうち一便は夜行となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 11:08
京急 ステンレス製 新1000系
京急 ステンレス製 新1000系 先月この車両を初めて見た時は目の錯覚かと思ったが、今日、2回目に見てやはり本物であることを実感。京急のホームページを見ると、3月31日から一編成を導入という記事が出ていた。 京急初のステンレス製の車両(新1000系6次車と呼ぶらしい)で、先頭車両フロント部のみ普通鋼製だがボディはステンレス製、オールロングシートである以外、基本仕様は従来の新1000系と同様とのこと。ステンレス製車両とはいえ、ボディ側面に幅広の赤色フィルムを多用することにより、これまでの「赤い電車」のイメージを踏襲してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/10 22:20
京急800系/急行羽田空港行き
京急800系/急行羽田空港行き 品川駅で京急800系の急行羽田空港行きを見て驚いた。 800系は700系の後継車両で、1978年に登場、翌年に鉄道友の会ローレル賞を受賞している。18m片開き4扉、最高速度:100km/h 、起動加速度:3.5km/h/s という仕様。製造当初、側窓周りが白い帯で囲まれた新しい塗り分けで登場した(「ダルマ」の愛称もあった)が、後の2000系誕生によりその後、現在のような細い白帯に変更された。3両編成と6両編成の2タイプがあったが、現在は3両編成は6両編成へ組み換えられており存在しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/03/15 22:39
関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅〜スイス編〜
ヨーロッパ鉄道の旅もこれで一区切りとなる。 何を言おうと、やはりスイスは群を抜いて美しい、というのが素直な印象。が、番組の終わりに関口が話していたように、厳しい過去があっての平和、おだやかさと厳しさを併せ持った自然、というのが現実なのだろう。とかく観光客は美しいところばかりに目が行きがちになることは事実・・。 鉄道面での満足度は今回が最も高かった。特急、急行列車に限らない普通列車の美しさ、ケーブルカー、斜めになった小型蒸気機関車、登山鉄道、トロッコ電車、そして氷河鉄道・・。もちろん車窓からの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/12 21:53
関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅〜トルコ・ギリシャ編〜
これも昨年BS-hiで放送されたものの再放送。ビデオに撮っておいたものをやっと見た。 今回はトルコからギリシャへの旅。「陽気な人々と神秘の大自然に抱かれて」、というサブタイトルがついている。まず、アンカラからイスタンブールへ。グランバザールは一度は行ってみたいと思わせるような雰囲気・・。 最も印象的だったのは、カヌーに乗っているときに現れた青いトンボ「リベルラ」。関口が作った歌も例によって素晴らしかったが、何とも神秘的な生き物がいるのだとつくづく思う。テッサロキニの街の楽器店でブズーキを買い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/08 11:55
羽田空港発 特急浦賀行き
現在の京急羽田空港駅が開業したのは1998年なので約8年が経過したが、羽田空港と横浜方面を結ぶ直通電車が走るようになったのは2002年のこと。私は今回、初めてこの直通電車に乗車した。 羽田空港から品川方面に向かってきた電車は京急蒲田駅 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E6%80%A5%E8%92%B2%E7%94%B0%E9%A7%85#.E3.81.AE.E3.82.8A.E3.81.B0 で、一種のスイッチバックにより運転席が前後反対になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/05 22:29
関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅〜イギリス編〜
既に放送されたものの再放送だとは思うが、このイギリス編は見逃しており、やっと観ることができた。 まず、ロンドン(パディントン)からカーディフへ。車内で、「あなたのアクセントはアメリカ的」と指摘される。「英語でしゃべらナイト」に関口が出演していた時に知ったのだが、彼はアメリカに一年留学していた経験があるとのこと。それなりの英語を話せる訳がそれではっきりしたのだが、やはりイギリス人が聞くとアメリカとの違いがあるということで興味深かった。 ストーン・ヘンジがソールズベリーにあることも初めて知った。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/04 17:24
青海チベット鉄道〜世界の屋根2000キロをゆく〜
2006年7月に開通した、中国青海省の西寧からチベット自治区のラサまでおよそ2000キロを結ぶ青海チベット鉄道を紹介するドキュメント。約27時間の旅、料金は寝台車で約8000円という。ラサへの巡礼者、中国の宝石商やビジネスマン、欧米からの観光客、台湾からの旅行者など、さまざまな乗客へのインタビューも織り交ぜられる。 が、関口知宏の番組と決定的に異なっていたのは、鉄道そのものに焦点が当てられていたことで、出発駅の西寧から終着駅のラサまで、車内の様子・列車の外観・周囲の景色の映像が大部分を占め、途... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/02 23:14
「女子と鉄道」
酒井順子の最新作(光文社/2006.11)。 ミヒャエル・ゾーヴァの絵(ウサギが列車の座席に座っている)を使った、佐藤可士和による装丁が美しい。 鉄道は、茶道や華道に勝るとも劣らぬ深い魅力がある。終着駅はあってもゴールはないのが鉄の道、と酒井は言う。しかし、鉄っちゃんといえば普通は男の世界。だからこそ「女子と鉄道」のタイトルがこの書の中心的主題になっている(「女子」という言い方がハマっている)。酒井は時刻表を暗記したり、鉄道雑誌を買うこともなく、駅弁も好きではない。乗車すれば眠ってしまうこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/29 22:57
関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅〜スペイン編〜
一週間以上前に放送されたものをビデオにとっておいたものの、このところ忙しくて観る機会がなかったがやっと観ることができた。 今回はスペイン編ということで、イベリア半島10日間の鉄道の旅の記録である。例によって鉄道だけでなく、関口がいろいろな街を歩き、さまざまなところを訪ね、経験し、多くの人たちと出会う。彼の会話に加え、モノローグ、そして旅の絵日記、これがいつもながらたいへん上手い。 各地方の美しい自然や街並みは、それを見ているだけでも楽しく、また、鉄道マニアとすれば、TALGO(特急)やAVE... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 22:53
下車駅通過
今日、練習があったため、三田から都営三田線の神保町で乗換え、都営新宿線で九段下へ行こうと思って京王線直通の急行橋本行きに乗った。が、次の瞬間この電車は九段下に停まらないのでは、と思い飛び下りた。結果は正解。私の知る限り、東京の地下鉄内で駅を通過する電車があるのは都営浅草線(京急直通)のエアポート快速と、この都営新宿線(京王線直通)の急行である(JRは除く)。東西線もたしか地上に出てから快速になる。地下鉄内は各駅停車と油断していると痛い目にあう。 私も東京人なので、営団地下鉄時代は一通りすべての... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 22:12
メルクリン・ミニクラブ
何ヶ月ぶりかでメルクリンを走らせた。 メルクリン社:Maerklinは創業1859年、シュトゥットガルトとウルムの間あたりに位置するゲッピンゲンGoeppingenに本社がある鉄道模型の老舗である。HOゲイジ(軌道幅16.5mm)が主力製品であり、その他、Iゲイジ(同45mm)、Nゲイジ(同9mm)の製品も扱っている。 ミニクラブ(ブランド名)は、そのNゲイジよりもさらに狭い軌道幅6.5mmという、世界で最も小さな動く鉄道模型であり、そのためZゲイジともいわれる。 さて、私の鉄道模型との出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/27 11:02
関口知宏が行く ドイツ鉄道の旅
私はそれほどでもないが、一応鉄道車輌マニア(?)である。京浜東北線の209系側窓開閉化改造車が登場すればすぐに分かるし、京浜急行の1000系と600系の違いも窓枠の違いやパンタグラフの形状によって識別は可能である。 それはともかく、NHKで2004年に放送された「列島縦断 鉄道12000km最長片道切符の旅」、2005年の「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破」は、すべてではないが、時間のある限り興味深く見た。 そのシリーズの初めての海外編が、「ドイツ鉄道の旅」であり、それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/03/08 21:51

トップへ | みんなの「鉄道」ブログ

Zauberfloete 通信 鉄道のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる