Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 諏訪内晶子/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

<<   作成日時 : 2017/05/16 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。N響第1857回定期公演(2017年2月17日/NHKホール)。前半はパーヴォ・ヤルヴィ指揮、諏訪内晶子のソロでシベリウスのヴァイオリン協奏曲。諏訪内は鮮やかなテクニックと艶やかな音色に加え、ある意味余裕を感じさせる演奏で好演だった。ヤルヴィの指揮も概して速めのテンポ、表現も大胆でオケを煽る場面も見受けられた(第一楽章終盤ではわずかなアンサンブルの乱れもあった)が、N響ともども優れた演奏だったと思う。
特筆すべきはN響メンバーで、篠崎、伊藤の二人のコンマス、藤森、向山の二人のトップが並んで弾いていたり、管楽器では前半と後半でトップや2nd奏者が一部交替するなど、海外公演でしか見られないメンバー構成だった。

以下、話は大きく逸れるが番組の録画について。
「プレミアムシアター」の放送は深夜なので、元々リアルタイムで観ることは不可能であり、録画して観る番組と思っている。そして「クラシック音楽館」も特に日曜の夜に観なくても違和感はないが、私にとってリアルタイムで観たいと思う番組は「日曜美術館」。
http://www4.nhk.or.jp/nichibi/
日曜日の朝(午前中)という、のんびりとくつろげる時間帯にはぴったりで、あの番組だけはどうしてもリアルタイムで観たいと思っていたのだが、7月までオペラの練習が日曜午前中に入っているので録画して観ざるを得ない状況となっている。
さらに話は逸れるが、「ららら♪クラシック」、4月の改編後はあまり観なくなった。加羽沢美濃さんの楽曲解説がなくなったのが主な要因だが、わざわざ録画して観る番組ではなくなったと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
諏訪内晶子/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる